ヨーグルトを大量に食べ過ぎると太るのか?

ヨーグルトの食べ過ぎで太る?

yogurt

最近では「夜ヨーグルトダイエット」が流行っていますね。

なんでも、腸の働きが活発になる、夜の時間帯(だいたい22時から深夜2時)に、ヨーグルトを食べるだけで腸内環境が良くなり、ダイエット効果が期待できるんだそうです。

たくさん摂取できるようにと、冷たいものではなく、ホットヨーグルトにして食べると尚良しだそう。

温かいヨーグルトってどんな感じなんでしょう?興味がわきますね!

早速、スーパーに行ってヨーグルトをたくさん買ってダイエットを始めたくなりますが、その前にいくつか疑問が…ヨーグルトってたくさん食べてたら太るんじゃないか?

ヨーグルトは脂肪分の塊じゃないの?なんでも「過ぎる」ってのはよくないんじゃ?などの疑問に答えるべく、調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

▶︎拒食症が原因で便秘になるのはなぜ?症状の改善に必要なことは?

 

ヨーグルトの脂肪分について

まずは、脂肪分のこと。

皆さんヨーグルトって何で出来ているかわかりますか?

そう!牛乳です。

牛乳を発酵させたものがプレーンヨーグルトです。

脂肪分が牛乳程度なら安心と考えますよね。

牛乳でもちょっと…と考えるなら低脂肪ヨーグルトもありますからね。

安心して食生活にヨーグルトを取り入れてみてください。

但し、加糖の商品はだめです。

糖分が原因で太る可能性が大きいからです。

どうしてもという人はオリゴ糖がおススメです。

頑固な便秘解消につながります。

 

スポンサーリンク

 

▶︎運動しすぎが制限型拒食症の原因に!?適切な食事と運動量について!

 

ヨーグルト大量に食べるのどうなの?

いくら脂肪分問題をクリアにしたからといって、大量に食べるというのは如何なものか?そうお思いでしょう。

少量でも菌が腸まで生きたままで届けてくれる、確かにそんな商品もあります。

腸内の善玉菌を多くし、腸内環境を整えることでダイエットにつながります。

ですが、知っていましたか?ほとんどの菌は死滅することを。

でもですね、この死滅した菌が重要なのです。

この死滅した菌が多ければ多いほど腸には有効なのです。

一日の推奨される、ヨーグルトで摂るその量はなんと10キロ相当!菌の数にして、一兆個!これは、どうやっても食べれないでしょう。

ヨーグルト大国東欧の人ですら1リットルの摂取量です。

ですから、ヨーグルトはいくら食べても問題無しなんですね。

お腹がゆるくなったりする方は、少量ずつ始めて慣らしていきましょう。

 

▶︎暴飲暴食の定義とは?ストレスが引き起こす恐ろしい病気!


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ