過食症の症状は親の育て方やストレスが原因なのか?

家庭環境が過食症などの

摂食障害の原因になることはあります。

 

特に幼少期から

一緒にいる時間の

長い母親との関係が良好でない場合、

摂食障害を招くケースを多く見られます。

 

スポンサーリンク

 

過食症の原因について

たとえば、

親にほめてもらったことがない子ども、

親の愛情を感じられなかった子どもなど、

過食症の人の過去を探っていくと

親子関係で寂しい思いをした経験が

少なからずある場合が多いです。

 

抱き合って喜ぶ中年女性と女子高校生

過食症は

食べ物に依存した状態でもあるので、

満たされない欲求を

食欲で満たそうとしている

可能性があります。

 

しかし食べている間は

欲求が満たされるのですが、

食べ過ぎてしまった後や

嘔吐をしてしまった後には、

自分が普通ではないと

冷静に考えられるようになるので自己嫌悪感が強く、

満たされることはありません。

 

あるいは過食嘔吐をすると

多くの場合痩せますが、

痩せることは目で確認できる(体重計に乗る、など)ので、

達成感を得て満足感を

覚えて抜け出せなくなることもあります。

 

スポンサーリンク

 

もう一つ、

親と摂食障害の関係として、

「成熟することを拒みたい」

衝動があります。

 

摂食障害は思春期の女性がかかりやすいものです。

 

もちろん異性を意識することが増え、

自分の容姿に気を使い始める時期でもあります。

それが無茶なダイエットにつながることもあります。

 

しかし表面的にはそう見えても、

実は母親を見ていて

「あんな風になりたくない」

拒むことから

摂食障害を引き起こす可能性があります。

 

たとえば母親が女性として苦労しているとか、

女性としての

性的な一面を見てしまったとか、

そういう「女性性」を嫌うようになると、

丸みを帯びていく自分の体を嫌うようになります。

 

子どもにとって母親は一番身近な女性です。

 

影響が大きいのは仕方のないことです。

 

摂食障害(過食症)と

親子関係には何らかの

関係があることが多いですが、

それが原因のすべてだというわけではありません。

 

現に同じ家庭環境で育った兄弟姉妹でも、

過食症になる人とならない人がいます。

 

摂食障害は心の病気で、

こういった病気は様ざまな要因が

複雑に絡みあっていることが多いのです。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ