過食症のダイエット!健康診断や原因や治療方法について!

過食するとどうしても気になるのが

体重や体型の変化です。

 

しかし、

多くの過食症の人は、

手っ取り早く痩せるために

嘔吐や下剤の使用を選択してしまいます。

スポンサーリンク

 

過食症ダイエットの治療について

 

嘔吐や下剤の使用は

重い後遺症が残る危険性があります。

 

自律神経失調症や

ひどいむくみなどが起こり、

肌荒れや姿勢の歪みになって現れます。

 

嘔吐や下剤の使用は

そのときは簡単かもしれませんが、

美しくなれないのでは

ダイエットとは言えませんよね。

 

過食症でダイエットをしたい場合、

まずは摂食障害の治療にかかるのが最初です。

 

「病院にかからなくても、大丈夫。自分で我慢する」

と思うかもしれませんが、

過食衝動は自分でコントロールできないものです。

 

また過食症になってから日が浅いほど、

治りやすく、

治ってからの再発もなく、

体の調子もよいものになります。

 

Woman throwing up in the toilet

 

症状の程度の差がありますから、

一概には言えませんが、

嘔吐や下剤によって体力が低下している場合なら、

いきなり運動で消費カロリーを増す方法は難しいです。

 

過食症の治療と相談しながら、

栄養指導を受けるのが現実的だと思います。

 

代償行為のない過食症で、

体力がある場合には

栄養指導にくわえて運動メニューを専門家と

一緒に考えることもあるでしょう。

 

ただし、

あまりに肥満がひどい場合には

急な運動はできませんから、

軽い運動から始めることになるでしょう。

 

また、肥満の場合には高血圧、

高脂血症、

糖尿病などの

生活習慣病にかかっている

可能性もあります。

 

 

大抵の病院では健康診断を受けることができます。

 

人間ドックのような専門的なものではありません。

 

健診、

尿検査、

血液検査、

血圧測定だけでわかる項目も多いです。

 

予約をしておくのが確実でいいですが、

当日申し出ても大丈夫な病院も多いです。

 

スポンサーリンク

 

ほとんどの場合、

過食症の人がダイエットするなら、

過食症を治してから、

せめて症状が和らいでからになります。

 

過食衝動の原因になっている事柄は根が深いものです。

 

自分で我慢できると

思ってもできないのは、

そのせいです。

 

どれだけ我慢しても、

どれだけ運動しても、

過食してしまうならほとんど意味がありません。

 

まずは専門の医療機関を受診して、

医師と相談しながら減量に取り組むのが理想的です。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ