過食嘔吐を妊娠中や妊娠初期繰り返すと出産時に子供に障害が出る?

妊娠中の過食嘔吐が、

子供の障害に影響するというはっきりした

統計結果があるわけではありません。

 

ただ妊娠や出産に影響がないとも言い切れません。

 

スポンサーリンク

 

過食嘔吐と妊娠について

 

過食嘔吐で母体が充分に栄養を取れない場合、

当然赤ちゃんにも影響は出ます。

 

妊娠中の女性

 

妊娠中の母親と赤ちゃんは、

母親の取った栄養を分け合って生きています。

 

母体の取る栄養が少ない場合、

優先的に栄養をエネルギーとして

使えるのは母親のほうです。

 

「私はいいから、赤ちゃんに栄養を送って!」

と思うかもしれませんが、

そういう体の作りになっているので、

こればかりはどうしようもありません。

 

妊娠時の体重増加には、

適正な値があります。

 

体重が増えすぎるのも問題ですが、

体重が増えなさ過ぎるのも問題があります。

 

妊娠時の体重増加が不十分な場合、

赤ちゃんの体重も少なくなる傾向にあります。

 

出生体重が少ないと、

低血糖状態になりやすく、

生まれてすぐの低血糖は脳の発達に影響することもあります。

 

スポンサーリンク

 

また母体の過食嘔吐は

切迫早産の可能性が高まるようです。

 

これは過食嘔吐の原因になるストレス、

過食嘔吐をしてしまった罪悪感などが、

原因になって起こるといわれています。

 

早産の場合、

未熟児として生まれる場合が多く、

これが後の障害につながる可能性もあります。

 

母体のストレスは

赤ちゃんにとって非常に影響を与えるものです。

 

過食嘔吐をすることそのものよりも、

そのストレスのほうが悪影響かもしれません。

 

過食嘔吐はやめようと思って

すぐにやめられるものではありません。

 

治療には時間がかかるものです。

 

中には妊娠や出産を機に

過食嘔吐をやめられた人もいて、

どうして自分はできないのだろうと落ち込む人もいるかもしれません。

 

しかし今は重く受け止めすぎず、

医師と相談しながら、

まずは目の前の妊娠や出産のことを考えましょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ