ストレス食い!過食を抑えて痩せたい!改善方法や原因等のメカニズム!

若い女性に多いストレス食い。

自分でも呆れるほどの量を自覚無く食べてしまい、

食べてしまった後には後悔や自己嫌悪を覚えるという人が多いようです。

女子大生の6割に過食経験があるとの報告もあります。

 

スポンサーリンク

 

どうして食べるのを抑えられないの⁉︎

「食べることの目的は“体に栄養を与えること

”あるいは“心に栄養を与えること”のいずれか。」と言うのは、

ダイエットカウンセラーの伊達友美さん。

 

伊達さんによれば、

体の栄養にも心の栄養にもならないストレス食いをするのは、

適当にその場にあるものを食べてしまい、

本当に食べたいものを食べていないからだと言います。

 

安易なダイエット

 

ストレス食いを生むのは食べることへの罪悪感だと、

伊達さんは指摘します。

 

食べることに罪悪感を抱くと、

食欲は抑え込まれます。

 

そうすると、

食べた時に満足感を得られず、

ストレスが増えます。

 

ストレスが増えたことで、

ストレスを解消しようと、

再び食べる行為に走るという悪循環に陥ります。

 

ストレス食いにストップをかける最初の一歩は、

食べる自分を責めないということです。

 

食べることは本能。

 

本能を肯定し、

本能を取り戻すことが

ストレスによる過食から抜け出すポイントです。

 

「過食はSOSのサイン」と伊達さんは言います。

 

栄養が足りていないという体や心の叫びが、

過食という行為を生みます。

 

過食から抜け出すには、体や心の叫びに耳を澄ませましょう。

 

スポンサーリンク

 

本当に食べたいと思うものは

何かということを自分の体に

尋ねるつもりで向き合うことが大切です。

 

体重の増加を恐れるあまりカロリーや

糖分を気にしすぎていないでしょうか?

 

「体にいい」という情報に

振り回されて食べ物を選んでいないでしょうか?

 

自分が本当に食べたいと思うものを食べていないと、

心の栄養不足になってしまいます。

 

食べても満足できません。

 

そのことが新たなストレスになります。

 

「本当に欲しいものを食べれば、

食欲も治まり、過食も落ち着くはず」

と伊達さんは言います。

 

過食の悩みから抜け出すポイントは「本能を取り戻すこと」。

 

食べる時に「幸せ」

「美味しい」と感じることが大切です。

 

食べる幸せを最大限感じられるように演出することも必要です。

 

目で味わい、

香りを楽しむなど、

五感をフル活用しましょう。

 

お洒落なお皿に盛りつけたり

可愛いランチョンマットを敷いたりといった

工夫をしてみるのも良いでしょう。

 

満足感が得られる美味しいものを食べることが大切です。

 

食を前向きに楽しむ姿勢を持ちましょう。

同じ量を食べても満足感が違ってきます。
本当に体が欲しがっているものを食べることが大切です。

 

体の材料であるたんぱく質や

良質な油は十分に摂っているでしょうか?

 

良質のたんぱく質や油が不足していると、

体はSOSを出します。

 

過食の原因には摂取している栄養素の偏りもあります。

 

良質のたんぱく質や油を十分に摂ると、

必要以上に食べることはなくなります。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ