西川史子先生が激やせ!理由は拒食症?がん?中年女性が激やせする原因について

スポンサーリンク

西川史子先生の激やせぶりが、話題になっています。

Yahooの急上昇ワードになっているほど。

口周りと首筋の印象が、痛々しく、「重病なのでは⁉︎」と、心配する声が広がっています。

がんや拒食症を疑う人が、少なくないようです。

nishikawaayako

胃がんの可能性があるとしたら?

西川先生が、体調を崩したことが公になったのは、2016年5月。

入院しました。

病名は、急性胃腸炎とのこと。

あまりの痛みに、入院中にお見舞いのメッセージをLINEで送られても、返事を「痛くて打てなかった」と語っています。

復帰後に出演した番組では、「食べ物は注意しないといけないが、でも十分大丈夫です。」と話していた西川先生。

その後、少しふっくらした顔つきに、多くの視聴者は安心しましたが、6月頃から、激やせがささやかれるようになります。

その頃から、「最近の西川先生、なんか、元気ないね?」という声が聞かれるようになりました。

著名人が、ブログでがんの闘病生活を明かして、がんへの関心が高まっていることもあり、痩せていく西川史子先生の姿に「がん」を不安視する人が、少なくないようです。

急性胃腸炎からそのまま「がん」に移行するケースは、通常、想定されません。

ただし、慢性胃炎になると、胃がんにつながる可能性が低くないことが、知られています。

慢性胃炎は、ピロリ菌感染が関与しているとされます。

ストレスが加わったりして、胃の粘膜が弱まると、ピロリ菌が作用して、粘膜を荒らしてしまいます。

炎症で粘膜の萎縮を生じた状態が、萎縮性胃炎です。

萎縮性胃炎は、とりわけ、胃がんに進む可能性が高いとされています。

スポンサーリンク

→道重さゆみが激やせ!?拒食症の可能性は?

情緒不安定な様子から拒食症を疑う声も

西川先生については、激やせした姿とともに、情緒不安定な様子が目立つことが、多くの視聴者の心配するところです。

もともと毒舌キャラで売れている西川先生ですが、9月25日の「サンデージャポン」では、豊洲移転問題で、ゲストのローラと藤田ニコルに噛みつきました。

噛みつき方が強引で、爆笑太田らから「どうしたんですか?」と言われたほどです。

2016年2月の「私の何がイケないの?」で、更年期障害に悩まされていることを明かしています。

症状は、主に物忘れやイライラ。

1971年4月5日生まれの45歳。

更年期障害に悩まされても、不思議ではなく、自然体で症状を公表したことに、好感を抱いた女性は、少なくなかったことでしょう。

更年期障害で激やせすることは、普通はありません。

ただし、更年期障害に悩まされる年齢になったということに、一抹の寂しさを感じる女性は、けっして少なくありません。

特に、いつまでも若くありたいと願っている女性にとって、更年期障害は、精神的なダメージが小さくないと言えます。

西川先生が、更年期障害を告白したのと同時に、ヒアルロン酸注入をしていることも明かしたのは、そうした女心の表れでしょう。

ヒアルロン酸注入は、メスを使わず、安価に行うことができる「プチ整形」の1つとして、美容意識の高い女性の間で、近年、注目されています。

西川先生は、顔のほうれい線にヒアルロン酸を注入していると明かしています。

いつまでも若く美しくありたい。その願望がストレスとなり、「太ったら、おばさんっぽく見える」と恐怖心を抱いて、ダイエットに走り、ダイエットの深みにはまり込んで、拒食症を発症する中高年女性が、近年、増えています

拒食症というと、思春期の女性の病気というイメージがありますが、それは、1990年代までのこと

2009~2010年に行われた調査では、摂食障害で初めて病院を受診した患者の約6%が、40歳代以上だったと報告されています。

激やせした西川先生の情緒不安定な様子に、中年女性をむしばむ、拒食症を疑う声が、じんわりと広がっています。

→木下ゆうかは過食嘔吐なのか?胃下垂なのか?大食いしても太らないのはなぜ?


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ