本郷奏多の食生活!偏食と摂食障害は関係があるのか?

スポンサーリンク

近年、急速に注目度を上げている若手俳優の一人が、本郷奏多さんです。

本郷奏多さんについては、偏食ぶりが取り上げられる事が少なくありません。

酷い偏食は、摂食障害と関係があるのでしょうか?

hongoukanata

食べられるのはポテトチップスくらい!食べられない食品に対して怖いと感じる

本郷奏多さんは、ご飯を食べる事を「世の中で一番嫌いな事」と明言しています。

映画の撮影中も、食事はほとんど摂りません。

美味しいと思う感覚はあるとしながらも、美味しいと思って食事をする事は、ほとんど無いと言います。

食事が苦手な理由については、「異物を体内に取り入れる行為」であり、「そう考えると、気持ち悪く」感じられるためと述べています。

食べられるのは、ポテトチップスとグミである事を明かしています。

お菓子が主食になっています。ほんの少し口にしただけで涙目になってしまうのはハンバーグで、「人の手でぐちゃぐちゃに混ぜた怖い食品」と評しています。

→木下ゆうかは過食嘔吐なのか?胃下垂なのか?大食いしても太らないのはなぜ?

特定の食べ物しか食べられないのは選択的摂食障害!男性の摂食障害と呼ばれている

本郷奏多さんのように特定の食べ物しか受け付けないのは、「選択的摂食障害」です。選択的摂食障害は、摂食障害の一種です。

摂食障害の疑いがあって病院を受診する人のうち、約14%が選択的摂食障害と言われています。

患者の男女比は、男性4対女性1です。

男性に多いのが特徴で、「男性の摂食障害」と呼ばれています。

選択的摂食障害の人は、特定の食べ物以外の物を食べる事を考えただけで、恐怖や不安に襲われます。

酷い場合は、発作を起こす事もあります。

食べられない物に対して、「嫌」と感じるのではなく、「怖い」と感じるのが特徴です。

選択的摂食障害の人が食べられる物は、高脂質、高炭水化物という傾向があるとされています。

本郷奏多さんが食べられるとするポテトチップスは、選択的摂食障害の人が選ぶ食品の1つです。

スポンサーリンク

→愛子さまが激やせで別人!ストレスから拒食症の可能性は?

選択的摂食障害の人は五感の刺激に反応しやすい!催眠療法が行われる事もある

偏食は、食べられる物が極端に少ない状態です。

食べられる物が少ないのは、食べ物の味・ニオイ・食感などへの抵抗感が原因です。

選択的摂食障害を示す人も、ニオイや光、音など、五感の刺激に反応しやすい事が知られています。

選択的摂食障害を治すには、食べる事を強要しない事が大切と言われています。

偏食を克服する時と同じく、選択的摂食障害も、食べられない物を少量口にしたら、好きな物を食べて、次第に食べられる物の種類と量を増やしていく方法が採られます。

それ以外の治療法としては、食べられない物への恐怖や不安を、催眠療法によって軽減する試みがなされる事もあります。

→貴乃花親方は痩せすぎ!拒食症でなくてもココまで痩せる⁈


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ