摂食障害の芸能人でcoccoの噂を聞くけど本当か?

Coccoさんが

摂食障害だった過去を告白したのは、

2009年のことでした。

 

ある雑誌の表紙を飾った

Coccoさんの腕は痩せ細り、

点々と傷跡が残っています。

 

スポンサーリンク

 

Coccoを苦しめた摂食障害について

 

シンガーソングライター兼絵本作家として

活動していたCoccoさんは、

その独特のパフォーマンスが特徴的です。

 

幼少期から独特な感性を持っていたようで、

山で木の実を取ったり

川でエビを取ったりと、

かなりアクティブな子どもだったようです。

 

男勝りな性格だったCoccoさんは、

中学生になって

自分の体が女性になっていくことに

違和感を感じ、

この頃に拒食症を発症します。

 

摂食障害 芸能人 cocco

http://laughy.jp/1407209633007181860より引用

 

二次性徴による

「性的な変化を嫌う」のは、

思春期の摂食障害にはよく見られることです。

 

二次性徴に違和感を覚えるというと、

性同一性障害が思い浮かびますが、

摂食障害の場合は

心の性別と体の性別の乖離という症状は見られません。

 

摂食障害の場合、

成熟や成長を嫌うのです。

 

「大人になりたくない」と思うあまりに、

成長を止めようとして

拒食行動に出る場合があります。

 

Coccoさんは中性的な魅力がありますし、

先に述べたように男勝りなところがありました。

 

「女性的でありたくない」

と思春期に感じたのかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

また、

あくまで可能性ですが、

このような場合には

境界性パーソナリティ障害の疑いもあります。

 

境界性パーソナリティ障害は

「見捨てられること」に強い恐怖心を抱く傾向にあり、

他者(根本的には母親)を

引き止めるための衝動が、

摂食障害や自傷行為として表層化することがあります。

 

しかし、

Coccoさんがそうであるかはわかりません。

 

あくまで、

そういう例もあるということです。

 

Coccoさんはイギリスに移住しますが、

その頃に医師に

「摂食障害とは一生の付き合いになる」と言われ、

その覚悟を持っていました。

 

しかし、

ある日突然、

治ってしまったのだそうです。

 

それで、

病気のことを告白するに至ります。

 

摂食障害は

心の状態と体の状態が

複雑に絡まりあっている病気です。

 

治すのが難しくはありますが、

治らないわけではありません。

 

Coccoさんの摂食障害の噂は本当ですが、

過去のこと、

ということです。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ