キムタクが激やせ!スマスマやSMAP解散のストレスで痩せたのか?

スポンサーリンク

国民的アイドル、SMAP。12月31日をもって、解散することが報じられてから、メンバーの動向が、連日のように、ネットで報じられています。

その中で、ダントツの報じられ方が、キムタク(木村拓哉)。

最近では、「激やせ画像が、ヤバイ」と、話題になっています。

kimutaku

キムタク!体調不良でドタキャンも!?

キムタクの激やせが、話題になったのは、9月中旬から。中国の女性フォトグラファーのチン・インヒ氏のインスタグラムに投稿された写真が、きっかけでした。

顎や首筋の線がシャープすぎ、弱々しい印象を与える写真に、「激やせした⁉︎」と、噂が広まりました。

8月24日収録の「スマスマ」の画像では、痩せ方が目につかないものだっただけに、激やせしたと噂されました。

ネットでは、キムタクがSMAP解散の原因を作ったと、批判が集中。

「スマスマ」でのキムタクの一挙手一投足に、視聴者の厳しい視線が、注がれるようになります。

「スマスマ」以外で、本人の肉声が聞かれる、ラジオ番組「木村拓哉のWhat’s UP SMAP!」で、キムタクは、「最近、体調崩して、急に来たんですよ、風邪が。ヤバイっと思って、すぐに知り合いのお医者さんに診てもらって、結局、丸3日無駄にしましたね。」と語り、収録をドタキャンしたことがあると、明かしています。

スポンサーリンク

→ブログで見られる過激ダイエットは絶対NGな理由

ストレスで激やせする仕組みは?

キムタクの激やせは、SMAP解散にまつわる、さまざまなストレスが原因と、見られています。

ストレスが溜まると、どのような仕組みで、痩せるのでしょうか?

ストレスによって分泌量が増え、「ストレスホルモン」と呼ばれる、ホルモンがあります。

コルチゾールです。

コルチゾールとは、脳下垂体から分泌される副腎皮質刺激ホルモンの刺激によって、分泌されるホルモンです。

副腎皮質ホルモンの一種です。

一般的な成人では、コルチゾールの分泌量は、1日あたり約20mgです。

しかし、長期的慢性的なストレスがかかると、1日に200~300mgもの量が、分泌されると言います。

コルチゾールの分泌量が増えると、血糖値が上がりやすくなります。

血糖値が上がると、満腹中枢が刺激されます。

満腹というサインを、脳が出すため、食事をしていなくても、お腹は空きません。

食欲不振に陥ります。

無理に食事をしても、ストレスが溜まっていると、消化吸収がうまく行われません。

ストレスが溜まると、自律神経のうち、交感神経が優位に働きます。

食べ物を消化吸収するのは、副交感神経が優位に働いている時です。

交感神経が優位に働いている時は、消化機能が低下しています。

そのため、食事を摂っても、消化不良のため、痩せてしまいます。

→とにかく痩せたい!でもやってはイケナイのはこのダイエット法


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ