子どもの肥満の原因は食事?病気にならない為の改善法は?

近年、肥満児が増えています。

これらの原因は、食べ物が豊かになったのもありますし、昔より今の子供達は体を使わなくなったからとも言われています。

昔の子供は外遊びを基本にして毎日過ごしてきました。

しかし、近代の子供達は、ゲームなどの体を動かさない遊びを主体とする遊びになってしまっています。

こうなると、筋肉量も昔の子供より少なくなり代謝も下がるので必然的に肥満リスクは高まります。

ようは昔と比べて根本的に生活習慣が変化したということでしょう。

そして、肥満の原因の1つにおやつがあるとも言われていますが、それらはどういうことなのでしょうか?

肥満を改善する方法なども含めて検証してみましょう。

 

スポンサーリンク

 

肥満の原因の1つであるのがおやつ?

obesity

肥満の原因であるとされているおやつ。

それらには理由が有ります。

その1つにお菓子には糖質が多いものがほとんどだということです。

そして、高脂肪

これも肥満リスクを高めてしまいます。

そもそも、体を使った外遊びもまともにしない現代の子供たちに、おやつをたくさん与えることは過剰摂取に繫がるのでは?という指摘もされています。

昔と違い、体をあまり使わない子供達へは、その環境にふさわしいだけの量を与えるようにしないと、肥満になってしまうのは必然だという見解なのでしょう。

 

スポンサーリンク

▶︎ストレスが原因で暴飲暴食が止まらない!過食傾向を克服する5つの習慣!

 

肥満児を改善させる方法とは?

肥満児を改善させるには、食生活の改善に尽きます。

おやつは量を少なめにし、糖質が多いものや高脂肪なものを避けることが良いでしょう。

そして、適度な運動をするような環境にすること。

子供が対象なので、楽しく公園などで体を使った遊びを大人達が教えてあげることも重要です。

今の子供達は、考えて遊びを構築することが苦手です。

公園やグランドで、いかに遊びを見出すかは現代の子供達より、大人である親達のほうが豊富に知恵が出ます。

これは今の親達は考えて色々な遊びをしてきて育ったことが理由です。

親達がしてきた遊びを今度はきちんと子供達へと伝承することが大事です。

子供達が大人になり親になった時も自分の子供に体を使ったゲーム意外の遊びを教えられるのです。

夕食は早めに済ませましょう。

食べる時間などを規則的にしましょう。

不規則な環境は便秘なども招き、肥満にもなりやすいです。

親も一緒に生活環境、食生活を見直し、子供に良い環境を構築しましょう。

 

▶︎生理前の暴飲暴食で食べる量が凄い!?過食症等にならないための対策は?


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ