太り過ぎると出産は帝王切開になるって本当?

スポンサーリンク

妊娠すると太りやすくなるのは仕方のないことですが、あまりに太りすぎると今度は別の問題が浮上してきます。

debu

妊婦の肥満で帝王切開になる?

出産に備えて妊婦はどうしても脂肪を蓄えるようになります。

妊娠中に太る理由は様々あり、ホルモンの影響、食べづわり、ストレスが大きいと思われます。

昔は「二人分食べなさい」とも言われていましたが、現在ではそれでは太り過ぎの原因になるため、しっかりした体重管理が求められます。

もともとのBMIにもよりますが、7kg~12kg程度の体重増加が理想的といわれます。

妊婦の肥満が及ぼす影響は、妊婦自身の高血圧や糖尿病だけではありません。

肥満になると分厚い脂肪のせいで、産道が狭くなり帝王切開になりやすくなります。

また、その帝王切開も麻酔の対応が難しかったり、傷が治りにくい傾向にあるといわれます。

ただし、もともとの体格や母子の健康状態によっては、普通分娩のまま出産に望める場合もあります。

肥満だから絶対に帝王切開になるとは言い切れませんが、リスクは高くなるので適切な体重管理を努めましょう。

スポンサーリンク

▶︎肥満の原因にホルモンが関係している?太りすぎで起こる恐ろしい病とは?

妊娠中に肥満にならないために

医師や助産師等から、さんざん体重管理について言われているとは思います。

「赤ちゃんのためにバランスよくしっかり食べなければ」…そういう風に考えるのはとてもいいことです。

しかし、それが逆にストレスになって、太る原因になってしまうこともあります。

特に、妊娠中は精神的に不安定になりやすく、自分で自分を追い込んでしまいがちです。

ストレスをため込まないように、工夫する必要があります。

たとえば、食べづわりのときには、「これしか食べたくない」「これしか食べられない」という食材があると思います。

そんなときには、一度に一気に食べるのではなく、小分けにして少しずつ食べるようにしましょう。

特にこだわりの食品がない場合には、飴やガムといった長く食べられるものを使うといいでしょう。

また、運動はなかなか難しいですが、積極的に外に出て、友人などと会話をしたり散歩をして景色を楽しんだりすることも、ストレス発散には重要な要素です。

▶︎女性のメタボ基準は?肥満解消に効果のある運動と食事は?


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ