神経性無食欲症の診断基準!制限型とは?

神経性無食欲症は

いわゆる拒食症のことです。

 

しかし、

拒食症と言っても単に

ダイエットをしているだけかもしれませんし、

もともと少食な人なのかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

神経性無食欲症/拒食症の診断基準

 

神経性無食欲症は病気ですから、

しっかりとした診断基準があります。

 

以下は精神障害の

診断の統計マニュアル(DSM‐IV‐TR)で定められた、

神経性無食欲症の診断基準です。

 

4つの項目全部に当てはまると、

神経性無食欲症と診断されます。

 

Diet Psychology

A.年齢と身長に対する正常体重の最低限、またはそれ以上を維持することの拒否 (例: 期待される体重の85%以下の体重が続くような体重減少;または成長期間中に期待される体重増加がなく、期待される体重の85%以下になる)

B. 体重が不足している場合でも、体重が増えること、または肥満することに対する強い恐怖

C. 自分の体重または体型の感じ方の障害、自己評価に対する体重や体型の過剰な影響、または現在の低体重の重大さの否認

D. 初潮後の女性の場合は、無月経、すなわち月経周期が連続して少なくとも3回欠如する (エストロゲンなどのホルモン投与後にのみ月経が起きている場合, その女性は無月経とみなされる)

 

スポンサーリンク

 

また、

神経性無食欲症には

2つの症状に分類できます。

 

一つはむちゃ食い排出型と呼ばれます。

 

神経性無食欲症の期間中に過食をして、

嘔吐や下剤などによる

代償行為を行なう場合を言います。

 

もう一つは制限型と呼ばれます。

 

神経性無食欲症の期間中に、

過食や代償行為を

行なわない場合を言います。

 

神経性無食欲症の場合、

何らかの失敗経験や喪失体験によって、

孤独感を味わい、

ぞれを補うために

体重コントロールに依存する場合があります。

 

「体重を減らしている自分は無価値ではない」

と思うようになるのです。

 

しかし、

それが過ぎると、

今度は体重が増えることに恐怖感を覚え、

体重によって

自分を自分で

縛り付けるようになっていきます。

 

制限型の場合、

「恐怖感を取り除く」だけで

治る人も多いですが、

同時に体重減少が

著しく命の危険がある場合があります。

 

どちらにせよ、

注意は必要ですし、

早期の治療が望まれます。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ