痩せすぎと言われる男性は何かの病気の可能性がある?

世の中はどうも「太るな痩せろ」と言いう風潮で、

痩せていることに美徳を感じている人が多いと思います。

 

確かに太ることで糖尿病や

メタボリック症候群などと言った

生活習慣病を引き起こす原因になりますが、

何でも「過ぎる」ことは良くなく、

痩せすぎる(羸痩・るいそう)ことも

多くの病気を引き起こす原因になります。

 

代表的なのが拒食症です。

 

トップモデルたちの痩せすぎ問題が

話題になったのは記憶に新しいですね。

 

BMI指数の基準に満たないモデルは

仕事をキャンセルされることもあるそうです。

 

スポンサーリンク

 

BMIと体のバランスについて

BMI指数とは、

体重と身長のバランスを見る指標のことです。

 

男性はBMIの基準より少し太っているほうが、

痩せている人より亡くなる率が低いそうです。

 

男性のBMIが23未満の人が全体で44%で亡くなる率は2.3倍、

対し25以上の人が23%で亡くなる率は1.1~1.4倍と言う結果が出ました。

 

これは太ることに対して注意が傾きがちだった事を

再考するきっかけになりました。

痩せすぎはちょっと太っていることよりも重要な問題になったのです。

 

因みに、

女性はBNI指数19未満で亡くなる率が2倍です。

 

痩せすぎの原因には

man

・甲状腺機能亢進症

・下垂体機能低下症

・Addison病

・褐色細胞腫

・ガン

・副甲状腺機能亢進症

・神経性食思不振症

・高血糖

等があげられます。

 

スポンサーリンク

 

食べても太らない、

あるいは幼少期から痩せている人

(BMIが基準より下の場合)は、

自分が不健康だと気付かない人もいます。

 

そういった人は大概が、

胃腸炎や、心の病気、

貧血気味で体力が無いなどのトラブルを抱えています。

 

太りたいからといって脂肪分の多い

不健康な食事はしてはいけません。

 

ご飯の量で太れない人は、

基礎代謝量の見直しをを、

ストレスで太れない人は自分なりのストレス解消法を見つけたり、

心療内科を受診する事を、

胃腸不良の人は胃腸科へと、

各症状に見合った改善方法をいち早く取り入れてください。

 

運動不足の解消にも努め、

程良い筋力をつけるのも重要です。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ