激ヤセしたい人必見!何をすれば健康的に短期間で痩せれるのか?

スポンサーリンク

薄着の季節になると、ポヨンとしたお腹が気になります。

ポヨンとしたお腹に気づくのは、夏が本格的に近づいた頃。

短期間で体重を落とすには、何すれば良いでしょうか?

激ヤセしたい人に、何すれば痩せれるのかを説明します。

拒食症

中心となるのは食事制限!運動は補助的と考えると良い

激ヤセしたい時に、主に取り組むのは、食事制限です。

運動を全くしなくて良いわけではありませんが、補助と考えましょう。

食事制限で抑える事ができる摂取カロリーと比べると、運動による消費カロリーは、いたって少ないものです。

手軽に取り組める運動で、最も消費カロリーが多いのはジョギングですが、ジョギングですら、1時間取り組んで消費できるのは、500kcal程度です。

運動を中心にして、短期間で激ヤセしたいと思っても、現実問題としては無理です。

→ブログで見られる過激ダイエットは絶対NGな理由

短期間でメリットが大きいのは低炭水化物ダイエット

運動をあまりしなくても、短期間で体重を落とせるのが、低炭水化物ダイエットです。

低炭水化物ダイエットは、摂取する炭水化物の量を減らし、糖質を制限するダイエットです。

糖質を減らす事によって、すい臓からグルカゴンと呼ばれるホルモンが分泌されます。

グルカゴンには、脂肪を分解する効果があります。

低炭水化物ダイエットは、脂肪を燃焼させ、基礎代謝を上げます。

炭水化物を全く摂取しない方法なら、1週間で4kg程度痩せられる可能性があります。

スポンサーリンク

→とにかく痩せたい!でもやってはイケナイのはこのダイエット法

健康的に痩せるには1日に摂取する炭水化物の量は20g

激ヤセしたいけど、「やつれたんじゃない⁈」とは言われないようにしたいものです。

健康的に痩せるには、炭水化物を適度に摂るようにしましょう。

適量は、1日20gです。

炭水化物を全然摂取しないと、集中力や気力が低下してしまいます。

ダイエットを続ける気力さえ失せる可能性があるので、要注意です。

また、体臭がキツくなりやすいというデメリットもあります。

脂肪が分解されると、ケトン臭を発するためです。

ワキガのような臭いが強くなるので、低炭水化物ダイエットに取り組む時には、注意しましょう。

→拒食症じゃないのにガリガリ!太れないのは体質によるもの?

食べ順にも注意して運動はお腹が空いている時に行うのがベスト

炭水化物の摂取量を減らす以外に、何すれば良いでしょうか?

実践したいのは、食べ順です。

食事の最初に、野菜を完食しましょう。

炭水化物を減らしても、満腹感を得やすくなります。

また、血糖値の上昇を緩和して、脂肪が付きにくくなります。

運動は、お腹が空いた時に行うのがベストです。

お腹が空いたと感じるのは、血糖値が低くなった時です。

血糖値が低くなった時に、ランニングをすると、脂肪が分解されてエネルギーとなり、一時的に血糖値が上昇します。

血糖値が上昇すれば、空腹が紛れます。

→痩せすぎの体!体質改善に効果のある方法


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ