摂食障害は難病指定?貧血や不眠などの症状も現れる!

摂食障害は難病に指定された精神疾患

摂食障害は心理的な原因で起こるものと、

嚥下障害など体の機能の不具合から起こるものがあり、

心理的な要因で起こる精神疾患の摂食障害は

厚生労働省によって難病に指定されています。

 

機能障害からくる摂食障害と区別するために、

中枢性摂食異常症とも呼ばれています。

 

スポンサーリンク

 

食行動の異常が表層化するため、

無理にでも食べさせれば(あるいは食べるのをやめさせれば)治ると

勘違いされやすいですが、

摂食障害の根本的な原因は心理的な要因にあります。

 

たとえば、

ストレス、

認知の歪み、

人格障害などほかの精神疾患による

摂食障害などが原因になります。

 

この病気は特に若い女性に多く、

思春期から青年期の5%程度が発症しているといわれます。

 

また、モデル、ダンサー、

スポーツ選手など減量を求められる職業にも多いとされます。

 

Beautiful woman with long curly hair

 

食行動の異常がもたらす様々な症状

摂食異常がもたらす体の異常は、

体重の増減だけに限りません。

 

特に拒食症(過食嘔吐も含む)の場合、

放っておけば命にかかわるような事態に発展します。

 

体を維持するエネルギーを取り込めないので、

貧血が起きたり、

白血球が減少して免疫力が低下したりします。

 

また、

ホルモンの分泌が正常にできなくなるので、

自律神経失調症が起きて不眠になることも考えられます。

 

スポンサーリンク

 

低血糖が起こると昏睡することもありますし、

腎不全になって透析を受けなければならない可能性もあります。

 

また成長期に発症してしまうケースだと、

身長が伸びなかったり骨粗しょう症になるなど、

後の生活に影響を及ぼす事態も少なくありません。

 

過食症ではカロリーの取りすぎによる肥満から、

生活習慣病になりやすく、

高脂血症や高血圧などにかかりやすいです。

 

これを恐れて下剤の乱用や、

自己嘔吐が慢性化することがありますが、

これは電解質異常という不整脈を招きます。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ