摂食障害とアルコール依存の関係性!胃痛の原因と対処法について!

美味しいお酒を飲んだり、

美味しいご飯を食べたりして

ストレス発散するのは誰にでもありますよね。

 

 

でも、

過剰なストレスが引き金になって暴飲暴食に走り、

コントロールが効かなくなれば、

摂食障害やアルコール依存症を発症させてしまう危険性があります。

 

スポンサーリンク

 

アルコールと摂食障害の関係と治療について

摂食障害は「神経性食欲不振症(拒食症)」と

「神経性過食症(過食症)」の2つに分けられており、

女性に多く見られる障害で

「若年アルコール依存症」の患者のうちの約70%が

摂食障害(特に過食症)を合併していると言われています。

 

自分の異変に気付きつつも、

その事実を認めず、

苦痛や不安から逃れる為にしてしまうといった

「否認の病気」です。

 

どちらもうつ病や不安性障害などの心の病気を持ち合わせているので

精神科や心療内科を受診する必要があります。

 

eatingdisorder

 

過食症患者の場合、

過食した後に口に手を突っ込んで

無理やり吐き戻すことが多いようです。

 

過食嘔吐による胃痛は、

放っておくと胃の消化能力の低下を招き、

胃潰瘍や機能性胃腸障害などを引き起こします。

 

アルコールを多量に摂取した場合にも、

胃潰瘍、

急性粘膜病変などを引き起こします。

 

こうなると、

精神科や心療内科の他に

消化器科にも通わなければなりません。

 

スポンサーリンク

胃痛の対処法としては、

・アルコールは氷や水などで薄めて飲む

・過食嘔吐の場合、吐くべきではありませんが、吐きやすいものを食べる、または吐きやすい態勢で吐き、なるべく胃に負担をかけない

・運動をして汗をかき解毒を促す

・内臓を休めるために食事をたまに抜く(朝食が好ましい)

・睡眠時間を規則的にする

などがあります。

 

この病気はどちらも長期戦になりますし、

再発もしやすいので、

家族や職場の人の十分な理解が必要です。

 

食べることやお酒を飲むことが、

心の拠り所になってしまっているので、

それに代わる心の支えがないといけません。

 

家族が一番の理解者になってあげることが重要です。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ