摂食障害のことりさんのブログを読んだ感想!

就職とともに

摂食障害になってしまった

ことりさんのブログです。

 

それまでまったく

摂食障害のなかったことりさんは、

職場のストレスから

拒食症になってしまいます。

 

スポンサーリンク

 

ことりさんのブログを読んだ感想

 

営業職でノルマがきつく、

なかなか実績が取れないことりさんを

当時の上司がひどく叱責したせいでした。

 

落ち込むビジネスウーマン

 

「自分を認めてもらえない」

「仕事ができないダメな自分」

 

ことりさんが拒食症になってしまったのは、

そんな自分を減った

体重が慰めてくれるからでした。

 

「何もできないけど、体重管理はできている」

「痩せている自分」が当時の自分を支えている

すべてだったとことりさんは

ブログで語っています。

 

その後「忙しくて食べられない」はずだったのに

「体重が増えるのが怖くて食べられない」

状態になり、

さらに拒食症から

過食嘔吐に発展していきます。

 

ブログ記事の中で、

印象に残ったのは

「食べ方」のエピソードです。

 

ことりさんの友人に、

とても食べ方のキレイな方がいらして、

彼女と比べると自分(ことりさん)は

あまり上手に食べられなくて恥ずかしいという話です。

 

摂食障害の人は

人と食事を取ることを嫌う人が多くて、

「食べ方がキレイではないから、

それを人に見られたくない」

という側面が大きいのかと感じました。

 

人に見られたくないから

早く食べ終えようとして、

過食ではないときでも

詰め込むように食べてしまうことが、

過食のスイッチを押すこともあるのかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

また一度の過食で

2500~3000円くらい

平均して使ってしまうことに、

とても罪悪感を感じてしまっているようです。

 

同じような気持ちを

抱えてしまう過食症の人は

多いかと思います。

 

「外食をしたり、

好きなものを買ったりできる金額なのに、

結局吐いてしまう。

本当に無駄だと思う」

ということりさんの

言葉に共感を覚える過食症の方は

多くいるようで、

賛同するコメントが

並んでいたのも印象的でした。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ