摂食障害と発達障害の共通点について!

アスペルガー症候群や

自閉症スペクトラム障害などに

代表される発達障害では、

摂食障害に似た症状が出ることがあります。

 

発達障害は強迫性障害が併発しやすく、

強迫性障害には

摂食障害が関連付けられることが多いです。

 

また、

強いこだわりを持ちやすいことから

偏食になることが多く、

それが食行動や

食習慣の異常につながることがあります。

 

スポンサーリンク

 

摂食障害と発達障害の共通点について

 

もともと摂食障害と発達障害には、

数々の共通点があります。

 

自己評価や自己肯定感が低く、

自分には価値がないと

思っている傾向にあります。

 

また、

どちらとも強迫性があります。

たとえば摂食障害でいえば

体重や体型がこれに当てはまります。

 

自分自身や周囲に対する認知の歪み、

対人関係の問題、

強いこだわりなど、

かなりの共通項を見つけることができます。

 

Close up detail girl weighing herself

 

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、

不注意や衝動性・多動性が症状とされる発達障害です。

 

ADHDの症状には

過食症が見られることがあります。

 

ADHDは

「待てない」

「我慢できない」

という衝動性の高さに特徴があります。

 

特に「目先の利益を追い求める」という特徴は、

過食状態の衝動に当てはめることができます。
一方、ASD(自閉症スペクトラム障害)では、

拒食症の症状が見られることがあります。

 

ASDは社会性や

コミュニケーションに障害が

見られる発達障害です。

 

スポンサーリンク

 

対人関係に問題を抱えることが多く、

また食事や体型・体重に

強いこだわりを見せることが知られています。

 

また、不安障害や

強迫性障害を併発することも

抱えており、

これらの精神疾患では

拒食症の症状が出ることが知られています。

 

しかし、

共通性があるとはいえ、

摂食障害があるから

発達障害であるという理論は成り立ちません。

逆ももちろんそうです。

 

これらを見極めるためには、

専門医によるしっかりとした鑑別が必要になります。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ