吐き気や食欲不振の原因はストレスや精神的な要因?

スポンサーリンク

吐き気や食欲不振に悩まされ、胃腸の病気を疑って病院を受診。

胃内視鏡検査と血液検査を受けても、どこにも異常が見当たらないということがあります。

そのような時に考えられる原因が、ストレスです。

精神的な要因から食欲不振に陥り、吐き気に悩まされることは、けっして珍しいことではありません。

sesyoku

胃腸は交感神経が優位の時に機能が低下

食欲不振や吐き気に悩まされていても、消化器に異常が見当たらない場合、自律神経がうまく働いていない可能性があります。

胃腸などの消化器系の内臓は、副交感神経が働いている時に活発に動くようになっています。

栄養を消化・吸収し、疲労物質や老廃物を体外に排出するのが、副交感神経の主な役割です。

副交感神経は、リラックスした状態の時、優位に働きます。

緊張している時、優位に働くのが、交感神経です。

交感神経が優位に働いていると、食欲は抑えられます。

頼まれたスピーチをする、みんなの前でプレゼンテーションを行うなど、緊張している時、優位に働くのが、交感神経です。

交感神経が優位に働いていると、その間、食欲が落ちます。

食欲が落ちても、緊張が和らいですぐに食欲が戻るようなら、あまり心配は要りません。

心配なのは、一時的な食欲低下ではない場合です。

日常的にストレスが強いと、交感神経ばかり活性化してしまいます。

交感神経ばかりが活性化すると、副交感神経が十分に機能せず、胃腸が働けない状態になります。

吐き気や食欲不振は、胃腸が働けない状態になっている証拠です。

スポンサーリンク

▶︎ご飯を食べないで痩せるのは摂食障害を引き起こす可能性大!

ストレスが原因の食欲不振の症状

ストレスが原因の食欲不振では、仮に美味しそうだと思っても、口に運ぶ気がしません。

好きな食べ物でも、食べている最中に吐き気をもよおすことがあります。

かろうじて食べても、食べた後は胃の調子がよくありません。

食べ物を見ただけで、胃液を吐いてしまうこともあります。

また、他の自律神経症状を伴います。

めまい、頭痛、動悸、不眠、微熱などです。

全身倦怠に悩まされることも多いようです。

体が重だるい、疲れがとれないと感じることも、しばしばあります。

食欲不振や吐き気の他に、さまざまな不調を感じるのが、ストレスによる食欲不振の特徴です。

ストレスが原因の食欲不振では、胃や十二指腸に潰瘍ができることもあります。

胃潰瘍は、ピロリ菌が一般的な原因とされていますが、ストレスによっても起こりやすい疾患です。

また、十二指腸潰瘍は、ほぼストレスが原因とされています。

胃潰瘍や十二指腸潰瘍といった疾患の背景にストレスがあることに注意しましょう。

▶︎お腹がすくのに食べれない!摂食障害の可能性は?


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ