偏食だと摂食障害になりやすい!簡単に偏食を治す方法とは?

スポンサーリンク

食へのこだわりが、マイナスに作用すると、トラブルが生じます。

深刻なトラブルが、摂食障害です。

摂食障害になる人には、偏食だった人が、少なくないようです。

偏食を治すには、どうしたら良いでしょうか?

sesyoku

偏食と好き嫌いの違いは?偏食の原因は何?

誰にでも、1つ2つは、嫌いな食べ物があります。

その程度なら、「好き嫌い」の範囲です。

「偏食」とは、食べられる物が、極端に少ない状態です。

野菜の中で、ピーマンだけが苦手なら、好き嫌いですが、野菜全般が食べられないようなら、偏食です。

偏食の原因は、食べ物の味やニオイ、食感などへの抵抗感です。

偏食は、子供に多く見られます。

子供の味覚は、大人の3倍以上と言われています。

大人にはちょうど良い苦さや辛さも、子供には強すぎます。

→ストレスでご飯が食べれない!ストレスから摂食障害は引き起こる?

食べ物にまつわる不快な体験が原因!特定の食べ物しか受け付けない選択的摂食

偏食に似ているのが、選択的摂食(SED)です。

選択的摂食は、1つか2つの特定の食べ物以外は、体が受け付けない状態です。

食べられる物は、高脂肪、高炭水化物という傾向が、あるとされます。

幼少期に食べ物に関して、非常に不快な経験をし、その時の不調が、心理的なトラウマになって、発症すると考えられています。

選択的摂食は、拒食症の一種です。

スポンサーリンク

→摂食障害の過食を克服する治療法!軽度〜重度でどう違うのか?

摂食障害は心の不具合が食へのこだわりとして現れた状態

選択的摂食を含む摂食障害は、心の不具合が、食へのこだわりとして現れた状態です。

自分の意思とは関係なく、体が食べ物を受け付けない状態が、拒食症です。

根底にあるのは、「周囲から認められたい」という思いとされています。

痩せる事で、周囲から認められたいという気持ちから、過剰な食事制限をしたり、偏食を続けたりするのが、拒食症です。

カロリー計算をしないと、不安で食べ物を口にできないケースも、少なくありません。

→太る食べ物と痩せる食べ物一覧!摂食障害で知っておくべき事

偏食を治す方法!食べた時の抵抗感を軽減する3つの工夫

偏食を治すには、食べ物の味やニオイ、食感などに関する抵抗感を、軽減する事が大切です。

簡単な方法を、3つご紹介します。

1.味付けや食感をガラリと変える。

大人とは、違う味付けや調理法にしてみます。

「美味しい!」と感じると、別な調理法の時も、「食べてみよう」という気持ちが、生じやすくなります。

2.好きな食べ物に少量混ぜ込む。

少しずつ苦手な食材を増やし、味や食感に慣れさせていきます。

3.細かくカットする。

細かく切るだけでも、口に入った時の抵抗感は減ります。

少し食べられるようになったら、素材の味や食感を感じられるように、細かく切って出しましょう。

→お菓子に依存するのは摂食障害?食事よりお菓子を食べてしまう理由とは?


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ