ストレスでご飯が食べれない!ストレスから摂食障害は引き起こる?

スポンサーリンク

胃腸に問題がなくても、食欲不振に陥ることは、珍しくありません。

ご飯が食べれない原因の多くは、ストレス。

職場で業績を上げるように、せっつかれたり、クライアントのわがままに振り回されたり。

家庭生活で、トラブルを抱えた時にも、食欲が沸かなくなることは、少なくありません。

ご飯が食べれない状態。

そうした状態が、慢性化した病気に、摂食障害があります。

sesyokusyougai

ストレスからどか食いに走る過食症も、摂食障害

摂食障害は、食に関する異常行動を示す疾患です。

厚生労働省の難治性疾患に認定されています。

摂食障害は、拒食症と過食症の2つに分けられます。

食事を受け付けない拒食症。

短時間で、大量の食べ物を摂取する過食症。

一見したところ、拒食症と過食症は、対照的な疾患という印象を受けます。

ただし、過食症も、根底には、「太りたくない」という激しい欲求があります。

そのため、過食症患者は、食べたものを嘔吐して、太らないようにしています。

拒食症も、過食症も、正常に栄養が摂取できないため、さまざまな体調不良を引き起こします。

食に関する異常行動と、ストレスの関係は、過食症の場合、シンプルな構図です。

ストレスを溜め込み、発散の仕方が分からないため、食べることで、ストレスを発散しようとするのが、過食症です。

過食症患者には、20代の女性が多いとされています。

過食症は、拒食症から移行したケースが、少なくありません。

スポンサーリンク

→食べない生き方とは?不食から摂食障害などの病気の心配は?

体重をコントロールする快感から、拒食症に

拒食症の原因として、よく知られているのは、ダイエットです。

痩せていることが、評価を高める、現代の風潮。

美意識に目覚めた、10代の女性が、拒食症患者の90%を占めます。

拒食症を患う人は、自己肯定ができていないという共通点があると、指摘されています。

自分に自信がなく、他人の評価を過剰に気にし、他人の意見に振り回される傾向が、顕著です。

一見、「いい子」です。

ただし、本人は、「いい子」を演じることに、ストレスを感じています。

「いい子」でいるためには、痩せていなければならないと、拒食症患者は、確信しています。

他で、評価されないというコンプレックスに苛まれ、自分でコントロールできる体重の管理に、執着します。自分の意のままに操れるのは、体重だけ。

その体重をコントロールして、他の人の賞賛を受けることで、対人関係で溜めたストレスを発散しようとします。

ご飯を食べない状態からスタートし、やがて、体が拒否して、ご飯が食べれない状態になります。

ご飯が食べれないまま、標準体重より15~20%以上痩せると、拒食症と診断されます。

→拒食症の食事内容をブログで公表している人はどんな物を食べるのか?


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ