イタリアのflash&partnersに拒食症モデルの写真画像を起用した理由は?

有名ファッションブランドの

Flash&Partnersが、

その広告を発表したのは、

2007年9月のことでした。

 

スポンサーリンク

 

モデルを起用した理由は?

 

起用されたのは

がりがりに痩せた女性モデルのヌード写真で、

背骨が浮き出ていて、

振り返った顔は骸骨のように骨が目立ちます。

 

flash&partners 拒食症 モデル 写真

http://www.coloribus.com/adsarchive/outdoor/flashpartners-dog-7595655/より引用

 

まさに骨と皮だけ。

 

老人のようにも見えますし、

とても「スレンダーで美しいモデル体型」とは思えません。

 

広告には大きく

”No Anorexia”(ダメ、拒食症)

書かれていました。

 

この広告に起用されたのはIsabel Caroさん、

フランス人モデルで当時23歳でした。

 

彼女は子供のころから拒食症にかかっていました。

 

この広告写真のモデルになった頃は、

165センチの身長に対し

体重が31キロまで減ってしまったため、

入院が必要な状態にまで悪化していました。

 

この広告を作ったのは、

イタリア人写真家Oliviero Toscani氏です。

 

彼の広告作品は、

ファッションブランドの

広告としてより社会的なメッセージを

前面に押し出しており、

大変センセーショナルに世界に受け入れられました。

 

Flash&Partnersの広告も、

そのうちの一つです。

 

▶︎山田優の激やせに驚き!体重は?拒食症の心配について!

 

スポンサーリンク

 

Toscani氏は拒食症の現実を人々、

とりわけ無茶な痩せ願望を抱く人たちに示すために、

ヌード写真でこの広告を作ったといいます。

 

また、

モデルになったIsabel Caroさんは

この広告の意図に共感し、

モデルを務めることを引き受けたそうです。

 

Isabel Caroさんはこの広告の取材に対し、

「無理なダイエットが命の危険を伴うこと」

を強く訴えました。

 

この広告が世界に投げかけた波紋は大きく、

フランスやイタリアでは、

広告の使用禁止命令が出されました。

 

また海外の多くのファッションショーで、

BMI数値18以下のモデルは

起用しないようになったきっかけの一つだと言えるでしょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ