拒食症で体重が戻らない人への食事改善法!

拒食症から回復するとき、

体重を戻すのは

必ず通らなければならない過程です。

 

しかし、

増やそうと思っても

どうしても体重が増えずに

やきもきしてしまうかもしれません。

 

そんなときには食事内容を改めてみましょう。

 

スポンサーリンク

 

拒食症の人の食事について

 

まずはカロリー計算をちゃんとしましょう。

 

できれば自炊のときも、

調味料や材料をきちんと

量ってそれぞれのカロリーを出してください。

 

それが難しいときは、

カロリー表記のあるレシピを

レシピ通りに作ることをおすすめします。

 

これでしたら、

材料を量るだけでカロリー計算はいりません。

 

レシピ通りに作るときは

「油が多いから、ちょっと減らしてしまおう」

なんてことは考えずに、

きちんとレシピに従って作ってください。

 

キッチンカウンター

 

また、

量はちゃんと一人前を食べるようにしてください。

 

しっかり食べているつもりでも、

拒食症の人の場合だと

無意識にセーブしてしまうことがあります。

 

「私は身長が低いから」

というのは理由になりません。

 

それを考えるのは、

標準以上の体重になってからです。

 

とはいえ、

自宅での食事の一人前の量はなかなか難しいです。

 

先に述べたように、

レシピにしたがって

一人前の量を計算して量るしかありません。

 

毎食毎食それは大変だというときは、

レトルト食品などを参考にしてみるとよいでしょう。

 

大抵の食品は一人前で個包装されていますし、

グラム数とカロリーが表記されています。

 

スポンサーリンク

 

最後に、

「どうしても胃の中に入らない」

ということはあると思います。

 

そういうときには、

経口栄養補給剤をおすすめします。

 

簡単に言うと栄養ドリンクのようなものです。

 

食事が取れないときに飲める、

栄養やミネラルがバランスよく

配合された専用の栄養剤です。

 

高カロリーですが、

きちんと栄養バランスが整えられているので、

拒食症の回復にはちょうどいいでしょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ