蒼井優が激やせで拒食症の噂が!?-7kgで体重39kgは痩せすぎ?

「Dr.倫太郎」で新橋芸者の夢乃を演じ、多重人格の演技に「すごい!」という声が多数上がった蒼井優。

演じる役にすっぽりとはまり込む姿勢に、今回も高い評価が寄せられています。

演じる役になりきる蒼井優。

以前は39kgまで体重を落とし、「拒食症では⁉︎」と噂されたこともありました。

 

スポンサーリンク

 

摂食障害の女性を演じた蒼井優

aoiyu

http://topicks.jp/18593より引用

若い女性の摂食障害は、近年、問題になっています。

症状が悪化した場合には、命に関わることもある病気です。

芸能人が激やせすると、必ずと言って良いほど「拒食症ではないか」という声が上がる昨今。

映画でも、しばしば摂食障害を取り上げた作品が見られるようになりました。

そのような作品の一つが「クワイエットルームへようこそ」。

2007年10月に公開された映画です。

摂食障害が中心テーマではありませんが、精神科病棟に入院している女性患者には摂食障害を患っている人が複数おり、摂食障害のウエイトが重めの作品です。

蒼井が演じたのは、摂食障害のミキ。

自分が1食たべると、世界のどこかの価値ある誰かの食事が1食減ってしまうという考えから、食事が取れなくなった女性を演じています。

迫真の演技にゾッとした人も多かったようです。

本当に蒼井は拒食症なのだとの噂も一部で飛び交いました。

役者は現在の自分の状況と同じ役を演じることによって治療をすると聞いたことがあるから、蒼井もきっと拒食症なのだという人もいました。

拒食症ならではの解釈でしょう。

今回のように多重人格を演じた時なら、広まらなかった噂です。

 

スポンサーリンク

▶︎橋本良亮の激やせ理由とダイエット方法!1ヶ月半で15kg痩せるには?

 

美肌を保ったままの極細実現

蒼井優と言えば、美肌が有名。透き通るような色白の肌の持ち主です。

そうした美肌を保ったままのダイエット成功で、蒼井のダイエット方法には注目が集まりました。

けっして過激なものではなく、王道を行くダイエット方法です。

蒼井優が行ったダイエット方法は、次の6つ。

蒼井優の激やせが噂された当時、多くの女性が注目した方法です。

今も参考になりますね。

1.半身浴。体を温める効果があります。

2.クラシックバレエ。

蒼井は、2歳の時からクラシックバレエをしており、現在も続けているそうです。

優雅な見かけとは違ってかなりハード。

しなやかな筋肉がつくことでも、痩せやすい体質がつくられていると評判です。

3.ジョギング。

実践の仕方に工夫がなされています。

5分走ったら5分早歩きをするというもの。

膝や足首に負担がかからない方法です。

4.野菜中心の食生活。

生野菜ではなく、温野菜に塩コショウで味付けしたものを食べていたそうです。

ボイルしてあると、体を冷やさないので、ダイエット効果が上がります。

5.揚げ物は一切食べないという食事内容の制限。

6.手作り豆乳デザートドリンク。

寒天・豆乳・しょうが・メープルシロップを混ぜたお手製ドリンクを飲んでいたそうです。

寒天は、胃の中で膨張して空腹を紛らわしてくれますし、食物繊維が豊富なので便秘解消という効果も期待できる、ダイエットに嬉しい食材です。

しょうがは、血行を促進し、代謝を良くする効果があります。

豆乳やメープルシロップという美容に良い成分を加えたところに、美肌効果があったのかもしれません。

▶︎川島なお美の激やせの原因は病気なのか?


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ