拒食症の回復期の食事メニューについて! お菓子をご飯にしない事!

拒食症が回復してくると、

食欲が出てきます。

 

それまでほとんど食べていなかったので、

久しぶりの食事が楽しく感じるかもしれません。

 

中には食べたいものだけ、

お菓子だけで食事をまかなおうと考える人がいます。
しかし、

それでは「普通に食事ができる状態」とは言いがたく、

そのままでは再び摂食障害に

戻ってしまうことになるかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

回復期の食事について

 

一般的な成人の一日に必要なカロリーは、

1800~2200kcalだといわれています。

 

性差や年齢差、

普段の運動量によっても違ってくるため、

デスクワークの人はもっと少なくてもいいでしょうし、

肉体労働ならもっと必要な人もいるでしょう。

 

クッキー

 

拒食症の場合、

それまで胃腸をほとんど使っていないため、

一般の人と同じだけの食事を取るのは無理でしょう。

 

まずは1000kcal前後を目安に考えるといいと思います。
1000kcalを一日三食で考えると、

一食約330kcalになります。

 

300kcal前後のお菓子というとアイスクリームですが、

アイスクリームは

ほとんど糖分と脂肪の塊です。

エネルギーにはなりますが、

栄養にはなってくれません。

 

スポンサーリンク

 

できることなら、

主食、主菜、副菜、汁物などをしっかり取りましょう。
主食の穀物は生きるエネルギーに直結します。

 

白米でもいいですが、

おすすめしたいのは雑穀米です。

拒食症の人はミネラルが慢性的に不足しています。

 

雑穀米には白米にない

ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

 

ただし、白米よりは消化に力がいるので、

あまりにも胃腸が弱っているときは控えましょう。

 

主菜ではたんぱく質を取るようにしましょう。

 

たんぱく質は筋肉や

内臓をつくるのに必要な栄養素です。

程よく筋肉がつくと、太りすぎを防ぐことができます。

 

副菜や汁物では

ミネラルを多く含む食品を取りましょう。

 

特にナトリウムや

カリウムが不足する傾向にあります。

 

ナトリウムは基本的に

和食を取っていると不足することは

ほとんどありません。

 

味噌や醤油に塩分として含まれています。

カリウムは昆布やわかめなどの海藻類によく含まれます。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ