拒食症について!モデル志望の女性は摂食障害になりやすい?

モデルは常に細くあることが求められます。

 

メディアに露出するとき、

実際よりも太く見えるからです。

 

また、

衣装を着たときに美しく見えるように、

一般的なモデルを目指すなら、

最低限細身であることが求められます。

 

肥満の程度を測る数値として有名なBMI数値も、

モデル用数値は一般女性のものより

かなりシビアに設定されています。

 

スポンサーリンク

 

モデル体型にについての悩みと願望

 

ライバルも多く、

「あの子より細く、美しく」と思う気持ちも、

痩せ願望に拍車をかけるでしょう。

 

摂食障害、

特に拒食症は、

極端な痩せ願望が原因になることがあります。

 

Beautiful young woman with long straight white hair

 

体重や体型を気にするのは、

女性であれば誰しもあることです。

 

しかし、

職業病というか、

モデルになると一般女性よりも頻繁に、

強く体重や体型を意識するようになります。

 

モデル志望の女性はまだ若く(おそらく10代~20代)、

知識や経験も乏しいものです。

 

しかし、

体力はあるため、

多少の絶食や拒食に耐えることができます。

 

もちろん、

食べ物を食べないと体重は落ちるものです。

 

しかし、

同時に筋肉や骨のもとになる栄養素も不足するため、

基礎代謝は下がり、

普通の食事に戻ったときにリバウンドしてしまいます。

 

前に絶食や拒食で体重が落ちた経験があるため、

再び同じ方法で体重を落とそうとしますが、

これを繰り返すと体は

低燃費でも動けるようになってきます。

 

そうなると、

絶食や拒食が日常化し、

気づいたときには

「食べたくても食べられない」状態になります。

 

まだモデル「志望」なら、

体調を管理してくれる人もいないでしょう。

 

スポンサーリンク

 

こうした間違ったダイエットから、

拒食症に発展するケースがないとはいえません。

痩せることに特に敏感なモデル志望の女性なら、

なおさらでしょう。

 

はじめは軽い気持ちで始めた

ダイエットが強迫観念に変わったとき、

拒食症の始まりだと見ていいでしょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ