拒食症になりかけに見られる特徴的な3つの症状は?

女性にとって「美」とは永遠のテーマ。

自分の体が気になり過ぎてダイエットに挑戦するも、自己流で間違った方法で行っている方が殆どだと言われています。

食べなければ痩せるからと、間違った方法で食事制限をしてしまうと、「拒食症」などの危険な症状に襲われることも有りますのデ注意が必要です。

はたして、「拒食症」にはどういった特徴が有るのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

拒食症になりかけの特徴1 体重の増加への強い恐怖心

Girl in depression

拒食症になりかけの特徴としては、「痩せ体計への強い願望」が強い傾向があります。

体重が増加することへの恐怖心がが過剰にあります。

そして、痩せていてもまだ痩せなきゃという過剰な精神状態も現れます。

そうなると、現段階で低体重だったとしても危機感を把握できなくなります。

周りの友人や家族に「痩せている」と言われても、その言葉をし信じられず、自分は太っているとしか思えない状態であったりもします。

 

拒食症になりかけの特徴2 食が細くなりすぎる

ダイエットをしたくて、食事制限や運動をたくさんしたにも関わらず、食がどんどん細くなり、必要摂取カロリーを大幅に下回る食事となっている事がほとんどです。

自分自身がこのような場合は、大変危険な状態と判断しましょう。

 

拒食症になりかけの特徴3 標準体重で見極める

標準体重の80%以下は、痩せすぎ体系です。

80%以下の体重が何ヶ月も続いていた場合は、拒食症の症状の可能性として判断出来ます。

標準体重の計算方法は様々です。自分に合った計算式でご自身の今の状態を把握してみましょう。

 

 

▶︎運動しすぎが制限型拒食症の原因に!?適切な食事と運動量について!

 

拒食症は恐ろしい病気です

拒食症になると様々な体調不良が襲います。

無月経、不整脈、骨そしょう症、虫歯、免疫力の低下など、他にも様々な病的リスクが伴います。

世界的に「痩せて居る=美しい」を見直す動きも有ります。

痩せすぎているモデルを起用しないというような動きも存在します。

その理由としては、「痩せ過ぎ=不健康」と捕らえているからです。

近年、医学では、健康維持に脂肪はとても大事なものとの見解が有ります。

標準体重より太っていて体系が気になる方でも、間違った無理なダイエットは禁物です。

食事は栄養バランスをきちんと取り、運動もしながら基礎代謝を上げれば、過度な食事制限は必要ない方の方が多いはずです。

くれぐれもダイエットは慎重に・・・

 

▶︎拒食症が原因で便秘になるのはなぜ?症状の改善に必要なことは?


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ