ギャル曽根に吐きダコの噂が!痩せているのは拒食症だから?

大食いの女王として

人気を博したギャル曽根さんですが、

一時期、

過食嘔吐ではないかと

噂されていました。

 

あれだけ食べているのに、

痩せているのはおかしいのではないか、

と疑問に思うのは普通です。

 

それに、

テレビで映るときに、

手の甲に吐きだこがあった、

という噂もあります。

 

真相はどうなのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

ギャル曽根と拒食症の噂

 

実は「痩せているギャル曽根さんが、

なぜあれだけの量を食べられるのか」を、

テレビ番組で検証したことがあります。

 

普通の人の体は、

食べ物を取ると

時間をかけて胃で消化し、

腸に流れて吸収されます。

 

ギャル曽根 吐きダコ

http://www.oricon.co.jp/news/62286/より引用

 

しかし、

ギャル曽根さんの場合は、

この胃から腸への流れがあまりに速く、

ほとんど消化吸収されていません。

 

そのため、

血糖値が上がりにくく、

満腹中枢に指令が届かないのです。

 

また、

昔から大食いだったために

胃がとても伸びるようになっています。

 

そのため、

食べたものを

大量に溜め込んでおくことができます。

 

テレビの企画で、

食べる前と

3時間食べ続けた後の

ウエストを測ったところ、

約20cm増えていました。
そして、

腸内細菌が人よりも多いため、

便秘にもなりません。

 

本人は「1日6回出る」

と言っていますから、

便秘に苦しむ人には

うらやましい限りでしょう。

 

また、

「褐色脂肪細胞」という

”痩せ細胞”がよく働いているようで、

人よりも代謝がよいそうです。

 

スポンサーリンク

 

つまり、

ギャル曽根さんは

大量に食べ物を詰め込める胃と、

それをほとんど吸収せずに

排出してしまう腸を持っているため、

満腹中枢が満腹を感じられず、

代謝もよいために太らない、

ということになります。

 

彼女の母親も

同じような体質だったというので、

遺伝かと思われます。

 

摂食障害の人は、

吐きだこを隠したがる傾向にあります。

 

手の甲の吐きだこを

そのままにしてテレビに出る、

というのはあまり考えにくいのでは

ないでしょうか。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ