嘔吐恐怖症の治し方!病院はどこがよいのか?

嘔吐は誰にとっても嫌な行為です。

 

ただし、

嫌という段階を超えて

嘔吐に対して恐怖心を抱き、

食事や外出がままならなくなる場合があります。

 

そのような状態に陥った場合、

「嘔吐恐怖症」と言えます。

 

スポンサーリンク

 

嘔吐恐怖症の治し方

 

食事前や食事中に

「吐いてしまうのではないか」

と感じて満足に食事ができず、

食べることを拒んで痩せて行きます。

 

食べることを拒んでどんどん痩せていくため、

拒食症と間違われることもしばしばあります。

 

しかし、

食べることを拒む原因が異なります。

 

拒食症は何をおいても

痩せたいという思いから食事を拒みます。

 

嘔吐恐怖症は嘔吐を連想させることを

徹底的に避けようとして食べることを拒みます。

 

Doctor to write to the medical record

 

嘔吐恐怖症は

パニック障害の一種と考えられています。

 

一般的な治療法としては

認知行動療法

薬物療法が用いられています。

 

薬物療法では

ドンペリドンという薬が

処方されることが多いようです。

 

吐き気自体を起こしにくくして

食生活を安定させるのが狙いです。

 

認知行動療法は、

苦手なものや状況に対して

少しずつ実際に行動することで

最終的に苦手な事柄を克服することを

目的としています。

 

嘔吐恐怖症が高じて

外出ができなくなってしまった場合などに

行動療法が用いられます。

 

吐き気が気になって電車に乗れない人は、

一駅乗るというようなことからスタートし、

少しずつ段階を踏んで

最終的に

電車に乗っても大丈夫という感覚を

つかむようにします。

 

スポンサーリンク

 

暴露療法という治療法

 

また、

嘔吐恐怖症の治療では

暴露療法という方法も用いられます。

 

最も嫌なことと

直面して症状を

緩和していくというものです。

 

嘔吐恐怖症の

治療のための専用ソフトを用意している

医療法人和楽会心療内科・神経科赤坂クリニック(03-5575-8198)では、

リアルでない嘔吐の絵から

リアルな嘔吐の絵、

写真、

ビデオと段階を追って

恐怖心を克服できるようにしています。

 

事前のカウンセリングで

何を恐れているのかを

丁寧に聞き取り、

恐怖を暴露して現実と向き合わせることで、

実際は自分の不安とは

関係がないと思えるようになることを

治療のゴールとしています。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ