過食症・拒食症になりたい?初期症状の診断基準について!

摂食障害になると

痩せることが多いので、

「細くなれるならうらやましい」

摂食障害の人に

吐き方などを教わろうとすることがあります。

 

しかし、

摂食障害は一度なってしまうと治療が難しく、

また治療は辛いものになります。

スポンサーリンク

 

摂食障害はダイエットではない!

 

摂食障害は病気です。

楽なダイエット方法ではありません。

 

「ひょっとして摂食障害かもしれない」

と思ったときには、

すでに取り返しがつかなくなっていることも多いのです。

 

摂食障害は大きく過食症と拒食症に分かれます。

 

診断基準もそれぞれで違います。

 

以下は初期症状の判断基準です。

 

医師が使うものではありませんが、

参考にしてみてください。

 

anorexic woman

 

<拒食症>
・一日のうち何回も体重計に乗り、グラム単位で体重の増減を気にする。
・周りには痩せているといわれるが、自分は太っていると思う。
・低カロリーのものしか食べたくない。
・一般的な食事の一人前は量が多いと思う。
・食べたらその分だけ太ると強く思っている。
・顔色が悪く、肌荒れ、眩暈、立ちくらみなどがあり、イライラしやすい。
・カロリーを多く消費するため、運動には積極的だ。

 

スポンサーリンク

 

<過食症>
・一日中食べ物のことを考えている。
・自分はダメな人間だと思う。
・自分の意見を言うと嫌われるのではないかと思って、自分の意見を言えないことが多い。
・食べている間は自分で食べるのをやめることができないと感じる。または何を食べているのか意識できない。
・食べた後太るのではないという強い恐怖心に駆られる。
・食べている量の割りには太っていない。

 

摂食障害は個人個人で症状が違うことがあります。

 

また、

拒食症から反動で過食症になってしまうこともあり、

一概には言えない難しい病気です。

 

また、本人に病気だという自覚がないこともしばしばあります。

 

気になるようでしたら、

専門の医療機関を受診してください。

 

早期に治療を始めると、

それだけ治りやすい傾向にあります。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ