認知症の過食の防ぎ方は?対処法はアレだった!?

スポンサーリンク

認知症では「食べすぎる」という症状があらわれることがあります。

いったい、どうしてそんな症状があらわれてしまうのでしょうか?

そして、どう対処していけばいいのでしょうか?

bulimia

認知症で起こる「食べ過ぎ」とは

認知症で起こる「食べ過ぎ」は、2つの原因が考えられます。

ひとつは認知症によって脳の満腹中枢が鈍ってしまい、満腹を感じにくくなっている場合です。

認知症によって食欲のコントロールが効かなくなってしまっています。

もうひとつの原因は、記憶力が低下していて食事を取ったことを忘れてしまっている場合です。

これらの過食症状は、軽度から中度の認知症で特に見られ、体重増加や肥満に伴う生活習慣病の原因になりかねません。

また、ひどくなると食事の催促だけではなく、家族が見ていない間に勝手に手当たり次第に物を食べてしまい、胃捻転や胃穿孔といった胃の病気になってしまうこともあります。

スポンサーリンク

▶︎生理前の過食が止まらないのはセロトニンが不足するから⁈過食で太るのを抑える3つのコツ!

認知症での過食症状への対策は?

まず、認知症がどの程度まで進行しているかにもよりますが、たとえば、ご飯を食べるたびにメモを取ったり、チェックシートを作ったりしてご飯を食べた証拠を作ります。

軽度の場合は、これでご飯を食べたことを思い出してくれる場合もあります。

しかし、「食べてないのに食べたと嘘をつく」と思われてメモが意味をなさないこともあります。

よくいわれる対処法としては、冷蔵庫に鍵をかけるというものです。

普通の冷蔵庫に簡単に取り付けることのできるものがありますので、そういったものを利用するのもいいと思います。

また、1回の食事量を減らして、欲しがるときに食べさせるのもいい手段です。

たとえば、パンやお菓子もひとつをそのまま与えるのではなく、小さく切ったものを密閉容器などに入れておくといいでしょう。

ラップは認知症の進行具合によれば、わからずに食べてしまうこともありますから、個包装するときは気を付けてください。

「今、食事の用意をしてますからね」と言いつつ別のものに気をそらしたり、歯や顎がまだ丈夫な方なら昆布やするめといった噛み応えのあるものを与えることでも、食欲を紛らわせることができます。

▶︎拒食症や過食症から伴う合併症は?気をつけたい病気は?


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ