仕事・勉強や産後等のストレスから過食症や拒食症へ!治し方は!

仕事や勉強で終日忙しくしていて

ストレスを抱えることもあります。

 

女性の場合は、

育児でストレスを溜め込む人も少なくありません。

 

イライラが募ると、

何か食べていないと気が済まない。

そうした経験はありませんか?
何か口にしているとその間だけはイライラが治まるので、

気づくと膨大な量の食べ物を

食べてしまっていたという人はけっして少なくないようです。

 

食べ過ぎる自分が嫌で仕方ない。

 

胃はもたれるし、

口内炎は痛いし、

太ってしまうのが怖い。

 

それでも食べることを

やめられないと悩んでいる女性は少なくありません。

 

女子大生の6割に

過食経験があるとの調査結果もあります。

 

スポンサーリンク

 

ストレスから過食しないために実践したい3つのこと

ストレスが溜まると、

コルチゾールと呼ばれる

ホルモンが大量に分泌されます。

 

コルチゾールは、

食欲抑制ホルモンのレプチンを減少させます。

 

そのため、

食欲に歯止めが効かなくなると考えられています。

ストレスから過食しないようにするには、

どうしたら良いのでしょうか?

実践可能な3つの方法をご紹介します。

 

ダイエット

 

1. 運動を生活に取り入れてみましょう。

規則性のあるリズミカルな運動が効果的だとされています。

 

ストレスが溜まっていると、

セロトニンの分泌が少なくなります。

 

規則性のあるリズミカルな運動は、

セロトニンの分泌を促すと言われています。

 

また運動によって

余分なカロリーも消費されますので、

太る心配から解放されます。

 

ジムに通うのが経済的に厳しいという人は、

公共の屋内プールに行って泳ぐのも良いでしょう。

縄跳びも簡単にできます。

 

2.安いお菓子を大量に買い込むのではなく、

自分へのご褒美として少し高価なスイーツを買い、

お気に入りの食器を使って食べましょう。

 

たくさんの素敵なスイーツを眺めるだけでも、

心に栄養をあげることができます。

 

また食器を使うだけでも

ワンクッション置くことができます。

 

過食は心の栄養不足からも起こっています。

 

食べることにワクワク感を与える演出も大切です。

 

スイーツと一緒にハーブティーを飲むというのもお勧めです。

 

気持ちが和らぎ、

水分でお腹も膨らみますので、

 

食べる量を少なくできます。

カフェインが多い紅茶、緑茶、

コーヒーなどより、

ハーブティーの方が

リラックス効果があると言われています。

 

安眠効果や疲労回復効果がある

カモミールティーがお勧めです。

 

スポンサーリンク

 

3.リラックスタイムを作りましょう。

バスタイムを充実させるのも一つの方法です。

シャワーを慌ただしく浴びるのではなく、

湯船にゆっくりと浸かるようにしましょう。

 

血行が促進され、

リラックスできます。

 

特別な入浴剤や

岩塩をその日の気分で選べるように

用意するのも楽しいものです。

 

日本酒を入れるのもお勧めです。

 

この3つの方法を用いても食べ過ぎてしまうことはあるでしょう。

 

食べ過ぎた時には、

「今の自分には必要だったのだ」

と言い聞かせて自分を責めないようにしましょう。

食べる自分を責めることが新たなストレスとなります。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ