過食嘔吐!チューブで吐くのも絶対におすすめはしない!

嘔吐をすると体に負担がかかります。

 

嘔吐は思っている以上に体力を使うものです。

 

しかも、

食道や喉を痛め、

口腔内をひどく荒らすものになります。

 

その苦しさを軽減するために、

医療用のカテーテルなどを

挿入して吐く方法があります。

 

スポンサーリンク

 

過食嘔吐チューブ吐きについて

 

一般に「チューブ吐き」と呼ばれています。

 

カテーテルを通すので、

胃酸が食道や喉に直接触れることがありませんし、

体力もそれほど消耗しません。

 

しかし、絶対にお勧めはできない方法です。

 

「楽に吐けるならやってもいいじゃん!」と思いますか?

 

決してお勧めできない理由をご説明します。

 

拒食症 女性

 

そもそも、

チューブを胃の中まで入れるというのは、

異物を体内に入れるということになります。

 

「医療用」のカテーテルでも異物は異物です。

 

医療従事者でもない限り、

素人では危険が伴います。

 

体内を自分で見ることはできませんから、

チューブで体内を傷つけていたり、

アレルギー反応が起こったとしても自己責任になります。

 

そして、

チューブを飲み込むのは楽ではありません。

 

たとえば、

胃カメラがありますが、

昔口から入れていたものが現在では

鼻から入れるのが主流になっています。

 

色々理由はありますが、

その一つに患者の負担を軽減するため、

と言うものがあります。

 

異物を飲み込むのは、

嘔吐と同じくらい体に負担をかけるものです。

 

スポンサーリンク

 

そして、

一番お勧めしない理由は、

過食嘔吐が慢性化するからです。

 

チューブを飲み込むのははじめは辛いですが、

そのうち慣れてきます。

 

そうなると、

痛みも嘔吐の苦しみも減るので、

本当に歯止めがきかなくなります。

 

摂食障害、

特に過食嘔吐は慢性化すればするほど治りにくくなります。

 

また、

一度治ったとしても

再発する可能性が高くなります。

 

過食嘔吐は病気です。

 

楽して痩せる方法ではありません。

 

取り返しがつかなくなる前に治療に踏み切りましょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ