ダイアナ妃も摂食障害だった!噂は本当だったのか?

ダイアナ妃は実は

摂食障害にかかっていたことがあります。

 

ダイアナ妃といえば、

かつては裕福な家に生まれたのですが、

両親は不仲であり、

その結果、

離婚してしまいます。

 

スポンサーリンク

 

ダイアナ妃と摂食障害

 

家庭環境が不安定な状況の中で、

ダイアナ妃は夫婦が仲良く暮らしていくことに

憧れを抱きながら成長しました。

 

学生時代には

大食いで少し太り気味の

体型をしていたのですが、

スポーツ万能でありみんなから愛されていました。

 

皇太子と出会ったことから、

その後結婚しました。

 

彼女は自分の子供の時の経験から、

結婚をしたら

夫婦仲良く暮らしていくことを

夢見ていました。

 

しかし、

実際には皇太子は

とても忙しい生活を送っているため、

家族と一緒にいることは

ほとんどありませんでした。

 

diana

http://plaza.rakuten.co.jp/k47daiana0814/diary/200708140000/より引用

 

また、

結婚後には

毎日晩餐会が行われるのですが、

その時には女王の合図があるまでは

席を立つことすらできません。

 

世間は常にダイアナ妃に対して注目しています。

 

公務にも積極的に協力しなければいけません。

 

このような生活を送っていたために、

ダイアナ妃は

どんどんプレッシャーを受けるようになり、

精神的にも

大きな負担を受けていました。

 

スポンサーリンク

 

マスコミに注目される事によるストレス

 

マスコミに注目されるようになると、

自分が太っていることを

気にするようになりました。

 

そして、

とうとう摂食障害に

なってしまったのです。

 

とにかくお腹が一杯になるまで

たくさん食べるようになりました。

 

そうすることによって、

一時的に気持ちが楽になるのですが、

長続きはしません。

 

最終的には

きちんと治療を受けることによって、

現在は摂食障害から

回復することに成功しました。

 

ダイアナ妃のように

摂食障害にかかったとしても、

それを克服することは可能です。

 

ただし、

克服するためには周りの方が

きちんと協力してあげることが大切です。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ