夏に食欲がない時の食事にオススメの食べ物5選

スポンサーリンク

暑い夏。食欲が低下します。食事時になっても、今ひとつお腹が空いていると実感できず、何を食べようかと、悩むこともしばしば。

食べておかないと夏バテしてしまうし…。冷たいそうめんだけでは、栄養のバランスがとれません。

暑い夏を乗り切り、体調をキープするには、何を食べたら良いでしょうか?

食欲がない時の食事でオススメの食べ物を5種類、ご紹介します。

curry

暑い夏にオススメの食べ物5選

1位 カレー

暑い地方の代表的な食べ物がカレー。

食欲がない時の食事の代表と言えるでしょう。

香りと辛味で食欲を増進させてくれます。

スパイスで腸の働きも促進され、米・肉・野菜などを効率的に摂ることができます。

ビタミンやたんぱく質を無理なく摂取できる食べ物です。

定番のカレーをちょっとアレンジしても、おしゃれ。

カレーと三倍に薄めためんつゆを1:1の割合で混ぜましょう。

湯切りしたお蕎麦を用意してカレーざる蕎麦にするのも、変わっています。

2位 ネバネバ野菜

オクラ・長芋・モロヘイヤ・納豆などの、ネバネバした食材には、胃腸の保護に役立つムチン成分が豊富に含まれています。

冷たいものの摂取が多くなり、胃腸が弱っている夏には、ムチン成分を多く含んだネバネバ系の食材を意識して摂りましょう。

いたって簡単にできるのが、オクラと納豆の梅和え。

生のオクラを輪切りにします。

細かく刻んだ梅干しとよく混ぜた納豆を用意して、輪切りにしたオクラと和えれば、出来上がりです。

スポンサーリンク

▶︎ご飯を食べないで痩せるのは摂食障害を引き起こす可能性大!

3位 パプリカやパセリなどの緑黄色野菜

夏の蒸し暑さは、ストレスになります。

また、強い紫外線にさらされるのが、夏。

ストレスを軽減し、紫外線による肌の老化を予防してくれるのが、ビタミンCです。

ビタミンCを豊富に含む野菜として、パプリカ、パセリ、ニガウリ、ピーマンなどがあげられます。

パプリカやパセリは、生で食べられます。サラダにしてあっさり頂きましょう。

4位 ガーリック

ガーリックのニオイ成分、アリシンは、夏バテに効果的です。

ビタミンB1の摂取を助け、糖質をエネルギーに変えやすくしてくれます。

豚肉を炒める時、ガーリックを一緒に炒めると、豚肉に含まれる栄養素を効率よく摂取できます。

油漬けにしたにんにくを玄米ご飯に乗せて食べるのも、オススメです。

5位 梅干し

最近は、減塩志向が浸透し、梅干しを控える人が増えたようですが、塩分だけでなく、クエン酸も摂れるのが、梅干しです。

クエン酸には、疲れを回復させる効果があります。

また、食あたりも予防してくれます。

夏に美味しくなってくるナスと一緒に頂く、簡単レシピをご紹介します。

ナスを600w4分で加熱します。

柔らかくなったナスは、箸で十分裂くことができます。

食べやすい大きさに縦に裂いたナスと、刻んだ梅干し、めんつゆ、すりごま、鰹節を加え、和えるだけです。

ナスの梅肉和えの出来上がりです。

食欲がない時の食事にオススメです。

▶︎お腹がすくのに食べれない!摂食障害の可能性は?


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ