睡眠関連摂食障害とは?原因や症状を検証

あなたは大丈夫?最近多い、

睡眠関連摂食障害とは!?

 

日本の女性は、

痩せすぎていると言われています。

スリムに対するイメージが過剰過ぎていることが問題視され始めています。

 

モデルのように痩せたいという願望で、

無理なダイエットをし終いには・・・

食事を受け付けなくなってしまう拒食症。

 

または食事のコントロールができなくなってしまい

過食してしまう過食症など。

 

無理なダイエットは、

摂食障害の引き金にもなります。

 

1割の摂食障害者は、

命に関わるとも言われる危険な病気。

 

ダイエットと安易に考え、

自分なりの食事制限や過剰な運動などは禁物です。

 

最近、

摂食障害は、

若い女性の中で増えていると聞きます。

 

今回は「無理なダイエットが原因の摂食障害」で、

睡眠時に発症する症状をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

睡眠関連摂食障害とは

睡眠関連摂食障害=通称・夜間摂食障害とも言われています。

 

(症状)

これは簡単に言うと、

夜中に起き上がって、

むしゃむしゃと食べる過食症の症状に似ています。

 

夜中にお腹がすいて、

何かを口にしていないと気が済まないという摂食障害です。

 

摂食障害の中でも「睡眠時」に起きる摂食障害です。

 

睡眠時なので、

本人は寝ている状態=意識がないので、

覚えていないという夢遊病に近い症状も重なっています。

 

eatingdisorder

 

(原因)

このような症状がなぜ、起こってしまうのか?

 

原因は精神的なストレスだと言われています。

 

主に、

無理なダイエットが原因のストレス。

 

極端に食事を減らしストレス状態が続くと、

このような睡眠関連摂食障害が発症することがあります。

 

心が悲鳴を上げているのに、

食べたいと言う衝動を抑え、

我慢し続けると・・・

 

無意識のうちに、

夜中目が覚め冷蔵庫をあさり、

むしゃむしゃと食いあさる。

 

食べたいという本能に逆らい続けていると=身体が勝手に食事を始めてしまう。

 

怖い症状ですよね。

 

本人は、

覚えていないことがほとんどです。

 

スポンサーリンク

 

睡眠関連摂食の治療法は?

摂食障害の治療が進められます。

 

主に、

専門家のカウンセリングや精神安定剤・

食事の栄養指導などで行います。

 

睡眠関連摂食は、

日々の食事に対する罪悪感や嫌悪感が

誘発してしまうことがあります。

 

日々の生活で、

満足のいく食事をしていれば、

このような夜中に食べあさるという行為にはなりません。

 

夜と言う無意識な状態で、

身体が勝手に行動してしまうほどのストレス状態は危険です。

 

毎日の食生活の見直し、

無理なダイエットを中断するなど、

早期に治療が必要になります。

 

自分ではなかなか、

睡眠関連摂食だと認識するのは難しいようです。

 

家族が夜中に発見し、

睡眠関連摂食と発覚することが多いようです。

 

無理なダイエットしていませんか?

 

睡眠関連摂食になる前に、

ダイエットをストップ!健康な身体が1番です。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ