摂食障害と仲直り。を読んだ感想!

14年間、摂食障害に苦しみ、

妊娠と出産をきっかけに

摂食障害克服を決意された

かよこさんのブログです。

 

かよこさんは今、

「MEC食」という食事療法を行なっています。

 

スポンサーリンク

 

摂食障害と仲直り。を読んだ感想

 

MEC食というのは

糖質制限・低糖質食事方法の一種です。

 

糖質を取らないようにしつつ、

高タンパク質、高脂質のものを取る、

という食事方法です。

 

「Meet,Egg,Cheese」の頭文字を取って、

MEC食と呼ばれます。

 

高脂質のものを取るというのは

体に悪い気がしますが、

糖質と一緒に取るから脂肪になってしまう、

という考え方をしています。

 

これにさらに、

「一回に30回噛む」という咀嚼を組み合わせ、

自然に体重を落とそうという、

もともとはダイエット法です。

 

黒い背景で撮影した男女の握手

 

かよこさんは拒食症から

過食嘔吐に移行してしまった摂食障害で、

このMEC食で過食を

コントロールしていこうとしています。

 

しかし無事誕生された息子さんのアレルギーや、

乳児湿疹のこともあって、

MEC食事法を続ける辛さもつづられています。

 

息子さんのアレルギーのこと、

育児のことを考えつつ、

自分の摂食障害とも

向き合わなければならない大変さは、

共感を覚える人もいるのではないかと思います。

 

スポンサーリンク

 

出産した後、

それまでたまっていた

イライラで過食嘔吐をしてしまった

エピソードが印象的です。

 

息子さんが眠っていたから、

最後まで吐いたけど、

途中で泣かれたら嘔吐を止めて

息子のほうへ行ってやれただろうか、

という自問に対して、

かよこさんは最後まで吐いただろうなと思っています。

 

そしてそんな自分が嫌になって、

過食嘔吐からの克服を強く意識するようになります。

 

妊娠や出産で

摂食障害を克服した人の例を聞きますが、

母親の子どもへの愛情という側面が

治療に向かわせるのかもしれないと思わせてくれる

エピソードだと思います。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ