お菓子に依存するのは摂食障害?食事よりお菓子を食べてしまう理由とは?

スポンサーリンク

お菓子が好きなのは、女性としてフツウのことです。

美味しいスイーツを食べるのは、至福の時間。

しかし、お菓子を楽しむのではなく、お菓子に依存するようになると、食べている時も、楽しいとは言えなくなります。

okashi

ご飯は食べずにお菓子だけ!お菓子が主食になっていたら依存

お菓子しか食べないようになっていたら、お菓子に依存していると言えます。

ご飯は食べません。

そのような状態になる時、多くは、食事の回数も減っています。

1日1食というケースが、多いようです。

しかも、夕食のみ。

朝食や昼食は摂らず、夜になって、大量のお菓子を食べるケースが、よく見られます。

お菓子を食べている間だけ、イライラが和らぎ、お菓子への依存が、一層強まります。

→太る食べ物と痩せる食べ物一覧!摂食障害で知っておくべき事

何をどれだけ食べればいいの⁉︎お菓子ならカロリーが分かる

お菓子への依存を強めている人は、自分の状態が、異常な事に気づいています。

しかし、その状態を、やめる事が出来ません。

すでに1日3食摂ることが、苦痛になっているからです。

「今さら、食事って、何をどれだけ食べればいいのか、分からない」という思いから、お菓子への依存を強めます。

お菓子なら、カロリーが分かるため、自分が食べた量を把握しやすいのが、理由の一つです。

「カロリーが同じなら、何を食べても一緒でしょ!」と、お菓子を食べる理由を、正当化する人もいます。

面倒なカロリー計算をしなくても、食事を管理できる手軽さが、お菓子を選ぶ理由の一つです。

スポンサーリンク

→摂食障害の過食を克服する治療法!軽度〜重度でどう違うのか?

お菓子依存は摂食障害⁉︎過食嘔吐の疑いあり

食べる事への興味が、著しく偏る。

食べる事に、罪悪感を抱く。

お菓子に依存している人に、見られる症状です。

これらは、摂食障害の症状です。

お菓子への依存は、摂食障害の一つの段階と言えます。

お菓子なら、カロリーやグラム数が、分かります。

カロリーにこだわるケースもあれば、グラム数にこだわるケースもあります。

摂取量をコントロールしやすいのが、お菓子です。

決めた以上の量を食べてしまうと、パニックになり、嘔吐します。

次第に嘔吐するために、お菓子を食べるようになります。

→ストレスでご飯が食べれない!ストレスから摂食障害は引き起こる?

お菓子なら吐きやすい⁉︎ご飯だと吐きにくいから嫌

食べても吐きさえすれば、太らない。

太らないためには、吐かないといけない。

吐けないと太ってしまう。

太ったら生きていけない。

そうした堂々巡りに陥るのが、過食嘔吐です。

過食嘔吐は、摂食障害の一種です。

過食嘔吐にかかると、「吐きやすいか?」という観点からだけで、口にする物を選びます。

ご飯やめん類は、吐きにくい食べ物です。

消化が良いから。

吐きやすいのが、お菓子です。

中でもパン菓子は、吐きやすいため、過食嘔吐の人に好まれます。

→食べない生き方とは?不食から摂食障害などの病気の心配は?


スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ