鈴木えみは本当に拒食症なのか?体重や噂を検証!

人気モデルの

鈴木えみさんの

プロフィールは、

身長168センチ

体重43キロらしいです。

 

肥満の度合いを

測るBMI数値で見ると、

15.2です。

 

一般女性の数値設定で見ると

痩せすぎの低体重です。

 

また、

モデル用の数値設定でも

15.0以下は

命の危険があるといわれる数値です。

 

一応、

15.0以上ではありますが、

危ない数値であることに変わりはありません。

 

スポンサーリンク

 

鈴木えみに拒食症の噂!真相はいかに…

 

このような痩せすぎの体型のせいか、

鈴木えみさんには

拒食症の噂があります。

 

というのも、

彼女のダイエット方法は

「2週間の食事はアイスティーとサラダだけ」

「寝ない。食べない」

というもの。

ほとんど拒食に近いですね。

 

鈴木えみ 拒食症

http://www.magabon.jp/special/voice/218_02.htmlより引用

 

拒食症はダイエットの一環として、

深く考えずに

食事制限を行うことから

始まることが多いです。

 

そのうち、

体重を減らすことにしか

意識がいかなくなり、

「体重が増えること」

「太ること」

恐怖するようになります。

 

グラム単位で体重を気にし、

第三者から客観的に見ても痩せているのに、

自分は太っていると思い込みます。

 

低体重になると生理が止まり、

無月経状態になります。

 

月経が止まった状態は

閉経と同じ体の状態といえます。

 

通常の閉経は

50~60代に起こるといわれていますから、

それくらいの肉体年齢に

自分を追い込んでいるといえます。

 

更年期障害や、

子宮の退化が起こり、

妊娠しにくくなることもあります。

 

また、

そのほかの身体的な症状として、

栄養不足による脳萎縮があります。

 

脳萎縮が起こると

認知の歪みや記憶障害、

学習障害が起こることもあります。

 

スポンサーリンク

 

鈴木えみさんが

拒食症だったかどうかはわかりません。

 

しかし、

かなり無理な

ダイエットをされたようです。

 

そして、

鈴木えみさんは

最近少し太ったといわれています。

 

また、

出産もされました。

 

冒頭のプロフィールは

少し前のものといわれています。

 

もし拒食症だったとしても、

今は克服されているのでは

ないでしょうか。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ