拒食症の食事内容をブログで公表している人はどんな物を食べるのか?

拒食症というと、

全然食べていないイメージがありますが、

拒食症でも量の差はありますが、

食事は取っています。

 

拒食であって、

絶食ではありませんから。

 

スポンサーリンク

 

拒食症の人の食事について!

 

拒食症の方がブログなどで

公表しているメニューの例です。

 

まず、特に治療していない方の場合です。

 

日本の朝食

 

朝:バナナ一口
昼:なし
夜:バナナ一口

朝:食パン半分
昼:なし
夜:カロリーゼロのゼリー一つ

朝:なし
昼:ハンバーガー1個
夜:ヨーグルト

朝:コーヒー1杯(砂糖・ミルクなし)
昼:きつねうどん
夜:なし

 

「ハンバーガーやうどんなんて、

意外と食べるね」

なんて思ってはいけません。

 

必要な栄養素は何一つ取れていません。

 

それを補うために、

サプリメントなどを取る人もいます。
また、拒食症の方は意外と食べているように見えて、

後で吐いている人もいるので、

注意が必要です。

 

▶︎拒食症の初期症状チェック!

 

スポンサーリンク

 

拒食症の治療をしている人の食事

 

拒食症回復に向けて頑張って

いらっしゃる方の場合を見てみましょう。

 

朝:スムージー、クリームスープ
昼:ミネストローネ、サラダ、トースト(1/2枚)、パウンドケーキ、紅茶
夜:ほうれん草の白和え、たけのこの土佐煮、冷奴、刺身、カブの酢漬け、カキのバターソテー、黒豆ご飯

朝:トースト(玄米パン)、ヨーグルト、フルーツ
昼:-
夜:カレーライス、サラダ、カツオのたたき、半熟卵

 

ブログには綺麗に撮った写真も上げて、

どれくらい食べたかも一緒に記録しているようです。

 

たとえば、

「カキのバターソテー」は1粒しか食べられなかった、

と書かれていたり、

全体の80%食べられた、

と書かれていたり。

 

1人前を完食できたときは喜びのコメントがついていたり。
また、

メニューも

栄養素がよく考えられてあって、

拒食症でない人も

見習いたいくらいの料理ばかりです。

 

自分が食べたものを記録するのは、

摂食障害に対してよい効果をもたらすことが多いです。

 

日記でもいいですが、

ブログで情報を共有するのもいいかもしれませんね。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ