拒食症の原因と母親の関係は?

拒食症の原因の一つに、

親、特に母親との関係を上げられることがあります。

 

拒食症を発症するタイミングには思春期が多く、

社会から影響を受けるのと同時に、

家族から受ける影響も多大なものがあるからです。

 

スポンサーリンク

 

成熟したくないという思い

 

拒食症はダイエットの延長線上にあると思われがちです。

 

それも原因の一つにはあるのですが、

思春期の場合には

「成熟したくない」

という願望が隠れている場合があります。

 

抱き合って喜ぶ中年女性と女子高校生

男の子の場合は非行に走るケースが多いようですが、

女の子の場合は拒食として現れることがあります。

 

「成熟したくない=女になりたくない」

という願望を抱えている背景に、

最も身近な女性である母親のあり方が関わっています。
たとえば両親の関係がうまくいっておらず、

母親が女性として

苦労したことを知っていたりすると、

自分の女性性を否定するため、

女性らしさを示す丸みを嫌って

脂肪を憎むようになります。

 

母親に認められなかった子が、

拒食にいたることもあります。

 

子供の頃に自分を認めてもらった経験が少ない子は、

自己肯定感が少なく、

痩せることによって自分を

認めようとする傾向が見られます。
母親に認められなかった気持ちを、

「痩せることができた」

という達成感で置き換えることで

満たそうとする逃避行動の可能性がありません。

 

スポンサーリンク

 

母親と拒食症の関係は?

 

母親との関係は、

あくまで拒食症の原因の一つである

可能性があるに過ぎません。

 

母親との関係が

改善されたから拒食が治るとは

限りませんし、

そもそも母親は関係ないかもしれません。
お子さんが

拒食症になってしまったお母さんには、

「私が悪かったんだ」

「私のせいで子供が苦しんでいる」

と自分を責めることはしないでほしいと思います。
摂食障害の治療には、

信頼できる看護者が必要になり、

看護者は患者に振り回されることなく

支えてやることが大事になるからです。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ