拒食症での体重増加のペースは?体重や身長の目安について

拒食症は回復期にどうしても体重が増加し、

「このままでいいのか」

と悩むことが多いと思います。

 

拒食症の治療ペースは個人の差が大きく、

はっきりと

「何ヶ月以内にこの体重まで増やす」

という共通の目安は提示できません。

 

しかし、

どんなに低体重であっても、

最終的には標準体重の85%まで

増やすことが最低ラインだとされています。

 

スポンサーリンク

 

体重を増やすことについて

 

重篤な状態になると、

体重を増やそうと思っても

食事を取ることがままならないことが多いので、

どれだけ体重を増やすというのは一概には言えません。

 

ですが、

一般的には体重を増やすペースは

1週間で500g前後が望ましいとされます。

 

とはいえ、

体重計で量る500gは

はっきりいって誤差範囲です。

 

たとえば、計測前に水を飲んだり、

トイレに行っただけでも簡単に増減してしまいます。

 

ですから、

実際に計測する際には、

3~4週間継続して

500gの増加がないと認められないことになります。

 

 

食欲不振の若い女性

 

また、

計測する際には、

家で一人で行なうのはやめたほうがいいでしょう。

 

一番いいのは、

家では一切体重計に触らずに、

週一回通院して病院で計ってもらうことです。

 

しかし、

週一回必ず通院するというのは、

個々の治療ペースによっては難しいかもしれません。

 

そこで、

協力してくれる家族や友人と一緒に、

決められた時間に決められた

回数だけ計測してください。

 

スポンサーリンク

 

回復期の初期は体重が増え続けますが、

そのうち落ち着いてきます。

 

健康な人の場合であっても、

一日の体脂肪の増減は30gが理想的とされます。

 

1ヶ月約1kgのペースです。

 

ダイエットなどでも、

1ヶ月1~2kgのペースが理想とされています。

 

また、身長はそれほど考慮しなくても大丈夫です。

 

なぜなら、

拒食症からの回復期による体重増加ならば、

身長に対する適正体重域内に入れば勝手に止まるからです。

 

もちろん、

拒食症から過食症に移行した場合は太ります。

 

しかし、

適切な栄養と運動をこなしていれば、

肥満までいくことはありません。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ