太れない体質は病気なの?体質改善でやっておきたい3つの事

スポンサーリンク

ガリガリで、女性らしい膨らみがないことに、悩む女性は、意外に多いものです。

男性も、ガリガリなのに、コンプレックスを抱いている人は、少なくありません。

薄着になる季節が、憂うつ。そうした悩みを持つのは、病気なのでしょうか?

太れない体質を改善するには、どのような事を実践したら良いでしょうか?

eating

 

太れないのは病気なの?体質なの?

食べているのに太れないのには、病気と体質の2つの可能性が考えられます。

病気として、考えられるのは、胃腸の病気と甲状腺の病気です。

自覚しにくい胃腸の病気で、太れないという症状を引き起こしやすいのは、胃下垂と過敏性腸症候群。胃下垂だと、食べた後、胃の中のものが、うまく消化されないまま、長時間留まるため、膨満感があります。

過敏性腸症候群は、下痢と便秘を交互に繰り返すことが多く、栄養がうまく体に吸収されず、太れない体質になります。

また、甲状腺ホルモンが過剰に分泌されると、必要以上にカロリーを消費してしまいます。

太れない体質になるだけでなく、急激に体重が減ることが、少なくありません。

病気でなくても、太れない人もいます。

基礎代謝が高い人、栄養吸収率が低い人は、病気でなくても、太れない体質になります。

基礎代謝とは、安静にしていても、消費してしまうエネルギーのことです。

基礎代謝が高いと、多くのエネルギーを消費するため、体に脂肪が蓄えられません。

暑がりの人、手足がすぐに暑くなる人は、基礎代謝が高いと言えます。

スポンサーリンク

→生理前の過食が止まらないのはセロトニンが不足するから⁈過食で太るのを抑える3つのコツ!

 

体質改善にはコノ3つを実践!

食べる量を増やしているのに、太れないという人は、栄養の吸収が上手くできていない可能性が高いと言えます。

栄養の吸収率をアップさせることが大切です。

 

1.白米をたくさん食べること

白米は、肉よりも栄養価が高く、栄養の吸収率が高い食品です。

白米の摂取量をセーブするダイエット法は、よく知られています。

太りたい場合は、逆に、白米をたくさん食べましょう。

3食の中では、夕食に白米をたくさん食べると、効率よく太ることができます。

1日のうちで、最も消化吸収されやすいのは、体が疲れている夕方です。

 

2.プロテインを活用すること

筋肉作りのため、スポーツ選手が飲むプロテイン。

高栄養、高カロリーの食品です。

最近は、いろいろなタイプのプロテインが発売されていますが、太りたい人が摂りたいのは、タンパク質に特化したプロテインです。

ご飯と一緒にプロテインを摂る時には、ご飯を食べてからプロテインを飲むようにしましょう。

血糖値が上がりやすくなります。

 

3.発酵食品を積極的に摂ること

発酵食品は、胃腸を整え、消化吸収率を上げます。

納豆・漬物・チーズ・ヨーグルト・キムチなどが、代表的な発酵食品です。

炭水化物、タンパク質の順に食べた後に発酵食品を摂ると、血糖値が上がりやすく、エネルギーを蓄えることができます。

食生活を改善すると、2週間くらいで効果が出る人もいますが、体が慣れるまで、栄養が便として排出されてしまう人もいます。

30日間は、続けてみましょう。

→ヨーグルトを大量に食べ過ぎると太るのか?


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ