嚥下障害!高齢者の主な原因と疾患について

特に高齢者の方は

嚥下障害となってしまうことが多いです。

 

その原因としては脳血管障害による麻痺や、

神経や筋肉の疾患、

あるいは加齢による筋肉の衰えなどが考えられます。

 

これらの原因の多くは

高齢者によくみられるものであるため、

気をつけましょう。

 

特に大きな原因と考えられているのは脳卒中です。

 

スポンサーリンク

 

嚥下障害と脳卒中

嚥下障害で苦しんでいる方の

原因疾患の4割近くが

脳卒中であると報告されています。

 

一方で、

脳卒中となってしまった患者の中で、

急性期になると3割の方が嚥下障害となり、

慢性期になっても

障害が残る患者は5%ほどいるとされています。

 

日本には年間40万人もの

脳卒中患者がいるため、

他人ごとではありません。

 

折り紙を折るシニアと介護福祉士

 

また身体が衰弱していたり、

加齢による嚥下障害も多数存在しています。

 

たとえば、

サルコペニアという

筋肉減少症にかかってしまうと、

咀嚼をしたり、

嚥下するための筋肉が失われていまいます。

 

こちらの原因に関しては予防をすることが大切です。

 

舌で食べ物を押し潰すための力が衰えてしまったり、

飲み込みやすい形に食物をまとめる機能が

低下するケースもあります。

 

歯が弱ってしまったり、

義歯の不具合によって

これらの症状が起きることもあります。

 

スポンサーリンク

 

その他の原因としては、

唾液の量や性状が変化してしまったり、

反射が遅れてしまったり、

喉仏の位置が下がってしまうことによる

場合もあります。

 

無症候性脳梗塞が

原因となることもあるため注意しましょう。

 

注意力や集中力が低下してしまったり、

たくさんの薬剤の使用や

合併疾患などの副作用として

嚥下障害となることも考えられます。

 

このように色々な原因があるのですが、

きちんと予防をすることによって、

できるだけ嚥下障害を避けることは可能です。

 

嚥下障害になると大変危険であり、

快適な生活に支障が出るため、

予防をしっかりとしましょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ